安全在庫にメリットはある?計算方法や適切な安全在庫の設定方法を解説

在庫管理を行う中で、安全在庫という言葉を聞く機会は多いでしょう。

しかしながら、安全在庫の意味がわかっていない方や、適正在庫と安全在庫の違いがわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、適正在庫と安全在庫の違いや安全在庫の計算方法、適切な在庫数の設定方法などについて解説します。

安全在庫を保有するメリット・デメリットなども解説しているので、ぜひ参考にしてください。

安全在庫とは欠品を防ぐ最低限の在庫量のこと

安全在庫とは、欠品を防ぐ最低限の在庫量のことであり、どのくらいの在庫が必要になるのかは、その時の市場状況や取引先の状況によって変わってきます。

そのため、安全在庫の量を見極めるためには、市場や取引先の状況を把握しなければいけません。

しかし、その前にまずは安全在庫の意味を理解しておくことが大切です。

ここからは、安全在庫について解説します。

適正在庫と安全在庫の考え方の違い

安全在庫とよく似た言葉で適正在庫という言葉があります。

安全在庫とは欠品を防ぐための最低限の在庫量のことですが、適正在庫は在庫の量を多すぎず少なすぎず、ちょうどよい在庫量にすることです。

安全在庫であれば少し多めに在庫を確保していればよいですが、適正在庫であればより市場や取引先の状況を確認する必要があるため、在庫管理の難易度が高くなります。

適正在庫は安全在庫とサイクル在庫を考慮して決定される

適正在庫の計算方法はいくつかあり、基本的には安全在庫とサイクル在庫を考慮して決定します。

安全在庫もサイクル在庫も基準値がありますが、季節による売り上げの変動やメディアの影響など、予測が必要です。

多くの業界が安全在庫とサイクル在庫を設定していますが、設定する難易度は高く、属人化しやすい部分といえるでしょう。

安全在庫を保有する3つのメリット

安全在庫を保有することで得られるメリットは多くあります。

適正在庫にするか安全在庫にするか悩んでいる方も多いと思いますが、安全在庫を保有するメリット・デメリットを知った上で、どちらの方法で在庫管理するか判断するようにしましょう。

メリット① ムダな余剰在庫の削減につながる

安全在庫を維持することによって、ムダな余剰在庫の削減につなげることが可能です。

在庫を抱えすぎてしまうと、保管するスペースも必要になりますし、在庫の中から必要な商品を探し出すことが難しくなります。

また、余剰在庫があることによって在庫管理にかかる業務が複雑化してしまい、作業時間が伸び、生産性を低下させてしまうこともあるでしょう。

安全在庫を最適化することによって、余剰在庫にかかる保管場所の経費や在庫管理を行う人件費を軽減させられます。

メリット② キャッシュフローの改善が見込める

在庫は販売することでお金に変えられますが、売れなければ収入が増えず、使える現金が少ない状況になり、キャッシュフローが悪化してしまいます。

また余剰在庫が多い場合、在庫を売り切るために安売りを行い利益を損ねてしまうというリスクもあるため、余剰在庫には注意するようにしましょう。

安全在庫を維持することで在庫の増えすぎを避けられるようになり、無駄な仕入れや生産、在庫の安売りがなくなるため、キャッシュフローを改善できます。

メリット③ 欠品による販売機会損失の防止

安全在庫を維持することによって、在庫が足りずに欠品してしまうというリスクを減らすことも可能です。

欠品が増えることによって、本来であれば売れるはずであった商品が販売できなくなり、販売機会を逃してしまうことになります。

そのため、常に在庫がある状態をキープすることによって、商品や製品を求めている顧客に対していつでも商品を届けられるでしょう。

安全在庫を保有する際の注意点3つ

安全在庫にはメリットだけでなく注意点も存在します。

ここでは、3つの注意点について解説します。

注意点① 安全在庫量の計算に労力を要する

安全在庫量を把握することは簡単なことではありません。

誰でも計算できるというわけではなく予測も必要になってくるため、経験値の高い方でなければ正確な安全在庫量を導き出すことは難しいでしょう。

安全在庫をキープすることができれば、過剰在庫になる心配もなく、欠品になることもないため安心ですが、安全在庫を設定することに労力が必要となる点には注意してください。

注意点② 安全在庫の計算式が当てはまらない場合もある

安全在庫を正確に導き出すためには在庫使用量の標準偏差が重要になってきますが、これは在庫使用量が正規分布に従っているという前提で算出されるため、例外となるケースもあります。

季節もののような需要のばらつきが激しい商品は、適切な標準偏差を算出できません。

このような商品に関しては、一定の在庫を持っていても意味がないため、安全在庫を算出する意味がなくなってきます。

そのため、安全在庫を設定する際は、設定するべき商品とそれ以外の商品の見極めが大切です。

注意点③ 欠品を必ず防げるとは限らない

どれだけ安全在庫をキープしたとしても、完全に欠品を防ぐことができるとは限りません。

たとえ欠品許容率が0.1%であったとしても、0.1%の確率で欠品になってしまう可能性があります。

しかし、闇雲に在庫数を増やすわけにはいかないため、できる限り欠品しない在庫数で設定することは大切ですが、バランスが大切です。

そのためいくら安全在庫を設定したとしても、予想以上の購入が続いたりした場合は、欠品してしまう可能性がある点には注意しましょう。

安全在庫と発注点の関係性

発注点とは、発注を行うタイミングのことであり、適切なタイミングで発注することによって安全在庫をキープできます。

そのため、在庫が一定の数を下回った際に発注を行う基準となる在庫数を決める必要があり、決めておくことによって在庫管理が楽になります。

SCMの標準が浸透している海外では、発注点のことをReorder Pointと呼びます。

安全在庫量をExcelで算出するための計算方法

安全在庫量はExcelでも管理できますが、管理する際にいくつかのポイントがあるので解説していきます。

Excelを使いこなすことによって作業時間を短縮することができるため、エクセルについて学んでおくようにしましょう。

計算式① 欠品許容率を「安全在庫係数」にして設定する

欠品を許容できる割合のことを欠品許容率と呼びます。

この欠品許容率はエクセルを使って算出することが可能であり、Excelの設定を「安全在庫系数」に設定して算出するようにしましょう。

安全係数=NORMSINV(1ー欠品許容率)で導き出すことが可能です。

欠品許容率が1%の場合は、100回中1回欠品したとしても許容できるという数値となります。

計算式② 過去の出荷数から「基準偏差」を設定する

安全在庫を求めるためには需要の変動を予測する必要がありますが、正確に需要を把握することは難しいです。

そこで、過去の在庫使用量の標準偏差を利用して、需要の変動を予測することが大切となります。

標準偏差を算出することは難しいですが、ExcelでSTDEV関数を使うことで簡単に算出できるようになるため、多くのデータを基にExcelで算出してみましょう。

計算式③ 発注から納品までのリードタイムを設定する(調達期間・発注間隔)

リードタイムとは、発注や加工、納品などにかかる時間のことであり、安全在庫を算出するためには発注リードタイムを活用します。

発注リードタイムは在庫を注文してから実際に届くまでの時間のことであり、発注間隔は一度発注してから次に発注するまでの期間のことです。

発注点発注のように不定期で発注する場合には、発注間隔は0日として扱うため、注意してください。

実際に安全在庫量を計算してみよう

安全在庫量を求める公式は「安全係数」×「使用量の標準偏差」×「√(「発注リードタイム」+「発注間隔」)」です。

安全係数が1.65(欠品許容量5%)、標準偏差が3、発注リードタイムが7日、発注8日である場合の安全在庫量は次の通りになります。

1.65×3×√(7+8)=19.1712676

計算すると安全在庫量は19.1712676であり、約19個となったため、常に約19個確保しておくことで過剰在庫や欠品を防げます。

適切な量の安全在庫を設定するためのポイント2つ

適切な量の安全在庫を設定するためにはいくつかのポイントがあるため、そのポイントについて解説します。

安全倉庫をキープすることによって余剰在庫を防ぐことができ、 キャッシュフローを適切に保てます。

①需要状況によって安全在庫量を定期的に見直す

季節性のある商品に関しては、データは偏りがちになってしまうため、季節によってデータを分けて、それぞれの安全在庫を設定する必要があります。

需要状況によって安全在庫量を定期的に見直すことで、その時に最適な安全在庫量を維持できるでしょう。

棚卸を頻繁に行うことで安全在庫を維持できるようになるため、一度安全在庫を算出したからといって満足するのではなく、定期的に見直すようにしてください。

②在庫管理システムを利用して在庫管理を徹底する

安全在庫を維持するには、在庫管理システムを利用して在庫管理を徹底することも大切です。

在庫管理システムを利用することによって、入力ミスなどの人的ミスを減らすことができ、発注数や受注数をデータとして蓄積できるため、需要予測を立てやすくなります。

標準偏差の算出など、さまざまなデータへの反映などもしやすくなるため、在庫管理システムの導入も検討してみましょう。

ネクストエンジンの在庫管理機能も安全在庫の設定に活用できる

EC・ネットショップ運営を自動化・効率化できる「ネクストエンジン」を利用することで、より適切な安全在庫を算出できます。

ネクストエンジンは、ECの現場から生まれたサービスであるため、実際に現場の方が求める機能も豊富です。

アプリで機能をカスタマイズ・追加することもできるため、事業規模が変わったとしても柔軟に利用できるでしょう。

これまでに契約者数5,400社以上と実績もありますので、在庫管理に困っている方はぜひ利用してみてください。

在庫管理に関する資料を無料でダウンロードできるため、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

適切な安全在庫を設定し、無駄なコストを削減しよう

本記事では、適正在庫と安全在庫の違いや安全在庫の計算方法・適切な設定方法などについて解説しました。

安全在庫を維持することによって得られるメリットも大きいですが、設定する際の注意点も意識しておかなくてはいけません。

しかしながら、労力が必要になるという注意点は、在庫管理システムを利用することで軽減できます。

適切な在庫管理を行うことで、キャッシュフローを改善したり、余剰在庫による無駄を削減できたりするため、在庫管理にはこだわるようにしましょう。

あなたは大丈夫ですか?
あなたは大丈夫ですか?

アクセスランキング

タグ一覧

おすすめ記事