ECサイトの運営は辛い?辛くなる理由と対策|将来性も解説

近年、買い物でインターネットを利用する人が増えており、需要の拡大に伴ってECサイトを立ち上げる企業や個人が増加しています。

しかし、ECサイト運営は業務範囲が幅広く、辛いと感じている方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ECサイト運営の概要から、業務が辛くなる原因や対策について解説していきます。ECサイトの将来性についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ECサイト運営にはどのような業務がある?おもな仕事内容とは

EC運営の辛さに入る前に、まずはECサイト運営の概要についてご説明します。

サイト運営の業務内容は、商品を販売するための「フロントエンド業務」と、販売活動を管理する「バックエンド業務」の2種類に分けられます。

フロントエンド業務

フロントエンド業務は、企画や広告、Webサイト制作など、顧客に商品を購入してもらうために行う業務です。

フロントエンド業務の中でも、「マーチャンダイジング」業務と「マーケティング」業務の2つに分けて解説します。

1.マーチャンダイジング

マーチャンダイジングとは、商品の企画・仕入れなど、商品を顧客のニーズに合わせ適切に届けるための戦略を実行する業務で、詳しい業務内容は以下のとおりです。

業務内容
商品の企画や調達顧客のニーズに合わせた商品の企画や選定を行う業務
商品の仕入れや在庫管理販売予測数量と市場の流行から、商品の仕入れ数量やタイミングを判断し、在庫管理を行う業務
商品の価格調整や入れ替え販売状況や在庫数から判断し、季節の変わり目などに行う作業

マーチャンダイジングは、ECサイトの利益を左右する業務であるため、販売予測や在庫数などのデータに基づいた管理が欠かせません。

2.マーケティング

マーケティングは、顧客に商品やサービスを知ってもらうために行う宣伝業務です。

どんなに高機能な商品を開発したとしても、このマーケティングがおろそかになっていると、売り上げは思うように伸びません。

マーケティングのおもな業務内容は以下の3つです。

  • Webサイト制作(思わず購入したくなるようなHP、LP制作など)
  • Webサイトへの集客(SNS運用や広告、CM等)
  • キャンペーン企画(プロモーションやセール等)

マーケティングに際しては、顧客のニーズや市場の流行などをしっかり分析することが大切です。

Webサイトの制作や集客は、専門の高度な知識が必要となるため、外部に委託する選択肢も考えるのもよいでしょう。

バックエンド業務

バックエンド業務は、顧客が購入した商品の発送や在庫管理など、ECサイトの裏側で行われる業務です。

ここでは「受発注管理」「商品・在庫管理」「運営管理」の3つに分けてそれぞれ解説します。

1.受発注管理

バックエンド業務の中心となるのが、この受発注管理業務です。

顧客からの注文情報をもとに受注処理を行い、ピッキング作業や検品・梱包の作業を経て、出荷処理を行います。

また、発送後の通知メールの送付や返品対応などのカスタマー業務も受発注管理業務の一部です。

受発注管理には多くの人手や作業スペースが必要で、システムなどと連携した効率的な運用が求められます。

2.商品・在庫管理

販売する商品は、ロケーション(倉庫内の住所のようなもの)ごとに、一定の法則を持って管理されています。

商品ごとにデータと現物の数量が常に一致した状態を保ち、商品の種類によっては劣化を防ぐために温度管理や消費期限の管理も重要です。

商品・在庫管理を正確に行うことは、発送業務の効率化にもつながるため、バックエンド業務の中でもとくに重要な業務となっています。

3.運営管理

ECサイトの売り上げや人件費の管理、システムの検討などが運営管理に該当します。

ECサイトの利益を伸ばすために、最適な人員配置の検討や外部ツールの選定を行う業務です。システム導入の検討をする際は、費用対効果を検証する必要があるため、幅広い知見が求められます。

業務の効率化に苦戦している場合は、専門知識を持つ外部業者に相談しサポートを受けることも検討しましょう。

ECサイトの運営は辛いもの?大変と感じる5つの理由

業務範囲が幅広く、多くの人手を必要とするECサイト運営は、辛いと感じる原因もさまざまです。

ここでは、ECサイト運営が辛いと感じる要因となるおもな理由を5つ紹介します。

理由① 業務範囲が広くマルチタスクになる

ECサイト運営は業務範囲が広くマルチタスクになりがちです。

おもな業務内容としては以下のものが挙げられます。

  • 企画
  • サイト制作&運営
  • マーケティング
  • 受発注業務
  • 出荷業務
  • 配送手配
  • カスタマーサポート

など

ECサイト運営は購入された商品を発送するという単純な作業だと思われがちですが、裏側ではこれだけ多くの作業を必要としているのです。

そのため、これらの作業の多用さ・煩雑さから辛いと感じる方もいるでしょう。

理由② 人手不足になりやすい

理由①でご説明したように、ECサイト運営は幅広い業務をこなさなければならず、業務量が多くなりがちです。

取り扱う商品数や規模によって異なりますが、商品の出荷業務などを行うバックエンド業務ではとくに多くの人手が必要です。とはいえ、繁忙期と通常期で業務量にばらつきがあることも多く、人員を増やすには当然コストがかさむため、なかなか増員に踏み切れないEC事業者も多くあります。

結果として慢性的な人手不足に陥り、ECサイト運営が辛いと感じる方は少なくありません。

理由③ こまめなサイト管理が必要

ECサイトを利用する顧客は、常に新しい情報や商品を求めています。

そのため、キャンペーンやセール情報の告知など、定期的に新しい情報を更新しなければいけません。

また、新しい商品の登録作業は、入力する項目も多く、手間のかかる作業です。

こうしたサイト管理や更新作業をし続けることが辛く感じる方もいるでしょう。

理由④ 徹底した在庫管理が必要

ECサイト運営では、商品の劣化や在庫過多、欠品を防ぐため、徹底した在庫管理が必要です。

在庫管理の精度は、出荷時のリードタイムなどにも影響し、顧客満足度や売り上げにも深い関係があります。

在庫管理には多くのノウハウと労力を必要するため、うまく効率化できず頭を抱えている事業者も多いのが現状です。

理由⑤ カスターマーサポートが大変

ECサイト運営において、カスタマーサポートはリピーターを増やすために、欠かせない要素の1つです。

このカスタマーサポートには、商品への質問やクレームの対応、返品や交換への対応などが挙げられます。

顧客はインターネット上の画像だけを見て購入するため、実物の商品を見て「イメージが違った」などの理由で返品や交換を希望することは多々あります。

しかし、ECサイトの運営者からすれば、日々多忙を極める業務の中で返品や交換にまで対応するのは辛いと感じてしまっても不思議ではありません。

ECサイト運営を辛いと感じないための対策3選

ECサイト運営が辛くなる原因としては、業務範囲が幅広く、手が回らない状態になってしまうことが挙げられました。

そのような状況を防ぐためには、システムの導入による効率化を検討したり、外部業者に委託したりすることで業務自体を減らすことが重要です。

ここでは、ECサイト運営を効率化する3つの方法を紹介します。

対策① 運営を一元管理できるサービスを利用する

ECサイト運営は一元管理サービスを導入することで、大幅に効率化できます。

今まで手作業で行っていた注文取り込みなどの受注業務、細かな記録を必要とする在庫管理業務など、多くの業務を自動化することが可能です。

業務スピードが向上するだけでなく、ヒューマンエラーの削減にもつながることで、顧客満足度も向上し、売り上げアップも目指せます。

スタッフの業務負担が軽減し、時間に余裕が出た分をより創造的な仕事に費やすことができるでしょう。

対策② 一部の作業をアウトソーシングする

商品の発送や在庫管理など、一部の作業をアウトソーシングすることで、自社にかかる負担を大幅に軽減することが可能です。

空いたリソースをコア業務に集中できるのはもちろん、商品の管理や発送など、物流に関する一連の流れをプロに任せられるためサービスの質向上も期待できます。

業者によって、得意な分野・苦手な分野が存在するため、自社に適したサービスを展開している業者を選ぶようにしましょう。

対策③ 新しく人材を採用する

取り扱う商品数や出荷数が増え、事業規模が大きくなっているのであれば、新しく人材を採用するのも1つの方法です。

その場しのぎで派遣などのスポット作業者を雇っているのであれば、なおさら採用に力を入れるべきでしょう。

固定の人材を多く雇用することで、作業者の育成に力をいれることができ、作業効率の改善が期待できます。

ECサイト運営の将来性は?市場規模が拡大した2つの要因

EC業界の市場規模は年々拡大傾向にあり、ECサイトの将来性は大いに期待できます。

将来性が期待できる2つの理由をそれぞれ解説します。

要因① スマートフォン利用者の増加

近年のデジタル化に伴い、スマートフォン利用者が年々増加しています。

スマートフォンであれば、アプリなどを活用することで快適にECサイトでショッピングを楽しめるため、利用者は今後も増えるでしょう。

また、さまざまなSNSが普及したことで、ECサイトへの集客経路も増えています。

それぞれの世代に合わせたマーケティング戦略を練ることで、ECサイト運営はますます拡大・発展していくでしょう。

要因② 日本は世界水準と比較してもEC化率がまだ低く伸びしろがある

経済産業省の発表によると、世界のEC化率が2021年時点で19.6%だった一方で、日本のEC化率は8.78%※となっており、世界に比べて日本のEC化はまだまだ低いのが現状です。

欲しい商品の現物を確認できないという理由で、ECサイトでの購入に消極的な消費者もいます。

このような層に、ECサイトを利用する利便性をアピールできれば、日本のEC化はさらに加速することでしょう。

ECサイト運営に参入する企業や個人が増えていることからも、ECサイト運営には伸びしろがあるといえます。

※参考:令和3年度 電子商取引に関する市場調査 報告書

ECサイト運営を楽しめる仕事に!ネクストエンジンがお手伝いします

業務内容が幅広く、辛くなりがちなECサイト運営も、効率化することで充実した仕事に生まれ変わります。

現状、ECサイト運営が辛いとお悩みの方は、ぜひ「ネクストエンジン」の導入を検討してみてください。

ネクストエンジンを導入することで以下の効果が期待でき、ECサイト運営の効率化に役立ちます。

  • 受注処理や出荷指示の自動化
  • 各店舗や物流拠点の在庫変動の履歴を一元化
  • 商品登録作業の負担軽減
  • 発注・仕入れ業務の効率化
  • 発送通知メールの自動化

自社のEC運営の現状をあらためて把握したい方は、以下から無料のEC効率化診断(鬼化診断)もお気軽にお試しください。

まとめ:ECサイト運営が辛いならルーチンワークを効率化しよう

本記事ではECサイト運営が辛くなる原因と対策について解説しました。

現状、ECサイト運営が辛いと感じているのであれば、バックエンド業務などのルーチンワークを効率化することが効果的です。

バックエンド業務の効率化には、運営を一元管理できるシステムの活用が大きく貢献します。

ECサイト運営全体の効率化を図りたいと考えている方は、ぜひ導入を検討してみてください。

どんなお悩みでもまずはご相談を
オンライン相談受付中
98%が理解できたと大満足!
オンラインセミナー開催中
今すぐ使えるノウハウ満載!
視聴はこちら