ECコンサルタントに依頼するメリットとは?コンサルティングの種類や費用相場なども紹介

近年、インターネットが急激に普及したことによって、ECビジネスを行う企業も増えてきました。

しかしながら、ECビジネスのノウハウが分からず運営方法や業績に悩んでおり、ECコンサルタントへの依頼などを検討されている方もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、ECコンサルタントのメリットや種類・費用相場などについて解説します。

ECサイトの運営にお困りの方はぜひ参考にしてください。

Contents

ECコンサルタントとは?業務内容や必要性ついても解説

ECコンサルタントへの依頼を検討されている方の中には、依頼することで具体的にどのような業務を行ってくれるのかわからないという方もいるでしょう。

そこでまずは、ECコンサルタントの業務内容や必要性について解説します。

業務内容を理解し、本当に自社にとってコンサルタントは必要か判断する参考にしてください。

ECコンサルタントとは目的達成のための施策や戦略を提案する専門家のこと

ECコンサルタントとは、ECサイトを立ち上げてビジネスを行う方をサポートしてくれます。

ECサイトを立ち上げ運営することは簡単なことではなく、お店づくり以外にも、集客や接客、顧客管理、売り上げ管理、在庫管理などが必要です。

ECビジネスを成功させるためには、Webの知識だけでなく、事業全体をマネジメントできるだけのビジネススキルも求められます。

これらのスキルや運営ノウハウに長けた方がECコンサルタントです。

ECビジネスを成功させるための専門家でもあるため、依頼することで自社が運営するECサイトの問題点や、方向性提案などをしてもらえるでしょう。

ECコンサルタントが担う基本的な業務内容

ECコンサルタントが主に担う基本的な業務内容は以下の通りです。

  • 集客戦略を提案する
  • 問題点を明確にする
  • ターゲットを見直す
  • 外部業者を斡旋する
  • 競合調査
  • データ分析

など

上記のようなECサイトを運営するにあたって重要なポイントを、ECコンサルタントが調査を行い施策提案などを行います。

具体的な作業内容は下記の通りです。

業務内容内容例
集客戦略の提案Web・コンテンツマーケティングやSEO対策などが含まれており、集客に関するサポートを総合的に行う。
問題点の明確化ECサイト自体に問題がないか、ワークフローなどに問題がないかを確認し、問題があれば改善案の提案をする。
ターゲットの見直しターゲットは集客率や売上などにも直結する重要なポイントのため、ECサイトや商品が狙っているターゲットに問題がないか調査する。
外部業者の斡旋ECサイトを構築するためには、さまざまな技術が必要になるため、必要に応じて外部業者を見つける。
競合調査・データ分析ECサイトで安定した売り上げをキープするためには、競合との差別化などが重要になるため、日々データを分析し施策を考える。

ECコンサルタントが必要とされるわけ

ECコンサルタントは、EC運営に関する専門的な知識やノウハウを持っているため、利用することでECサイトの業績をさらに伸ばせる可能性があります。

新型コロナウイルスの影響で実店舗に打撃を受けた企業も多いと思いますが、その分ECサイトの需要は高まってきているため、EC市場に参入してくる企業は増える可能性が高いです。

そうなると、EC市場の競争も激しくなるため、独学でECサイトを安定した売り上げにすることは難しくなるでしょう。

そのため、ECサイトで安定した売上を目指したい企業などが、問題点などを改善できるようECコンサルタントに依頼しているのです。

ECコンサルタントに依頼するメリット2つ

では、ECコンサルタントを雇用することでどのようなメリットを得られるのでしょうか?

さまざまなメリットを把握した上で、依頼するか判断するようにしましょう。

メリット① 自社にあった独自戦略の提案を受けられる

ネットを活用することでもECサイトを運営する方法などの情報を集められますが、同じECサイトでも扱う商品やターゲットなどによって運営方法が変わるため、必ずしも効果的とはいえません。

しかしながら、ECコンサルタントに依頼することで、自社に合った独自戦略の提案を受けられるため、よりECサイトの業績を伸ばせる可能性が高まります。

そのため、ECサイト運営に関する知識のない方や、運営方法に悩んでいる方は一度ECコンサルタントに依頼ことを検討してみましょう。

メリット② 第三者目線からみた、実例を元にしたノウハウを入手できる

自社内でECサイトを運営しようとすると、どうしても主観的になってしまい問題点を見逃す可能性があります。

そのようなときにECコンサルタントに依頼することで、客観的に問題点などを調査してもらうことができ、実例を元にした改善案などを得ることが可能です。

コンサルタント独自のノウハウは、本などを読んでも得られないこともあるため、そのようなノウハウを得られることもECコンサルタントを雇用するメリットといえます。

客観的に見てもらうことは問題点を改善する上で大切なため、ECコンサルタントに依頼し、改善案を提供してもらうようにしましょう。

ECコンサルタントを雇用する際の注意点2つ

しかし、ECコンサルタントを雇用することはメリットだけでなく、注意点もあるため、注意点についても把握しておきましょう。

注意点① 費用が高額になりやすい

ECコンサルタントを雇用するにはもちろん費用がかかります。

運営代行の有無や対応内容によって、必要になる費用も変動するため、費用を抑えたい方は自社でできる作業はできるだけ自社内で行うようにしましょう。

しかし、それでもECコンサルタントに支払う費用は高額になりやすいため、企業によっては雇う余裕がない可能性がある点には注意が必要です。

注意点② コンサルティングの質や成果が保証されているわけではない

ECコンサルタントを雇用したからといって、コンサルティングの質や成果が保証されているわけではありません。

そのため、ECコンサルタントを雇用する際には、これまでの実績や自社のサービスに合ったコンサルタント化を見極めることが大切です。

コンサルタントによってサービス内容が変わることもあるため、コンサルタント選びは慎重に行ってください。

ECコンサルタントは主に3種類に分けられる

ECコンサルタントは主に下記の3種類にわけられます。

  • オールラウンド型ECコンサルタント
  • 大型モール型ECコンサルタント
  • 越境型ECコンサルタント

それぞれ解説しますので、自社に合ったECコンサルタントを見極める参考にしてください。

①ECサイト構築からコンサルティングまで:オールラウンド型ECコンサルタント

オールラウンド型ECコンサルタントは、ECサイトを構築するところから集客までを全般的にサポートします。

ECサイト運営においてほとんど知識がない、サイトの立ち上げ段階からコンサルタントに入ってほしいというような場合には、オールラウンド型ECコンサルタントがおすすめです。

総合的にサポートしてもらうことができるため、コンサルタントに相談もしやすく、柔軟に対応してもらえる点がメリットといえます。

②競合との差別化をコンサルティング:大型モール型ECコンサルタント

大型モール型ECコンサルタントは、Amazonや楽天市場のような大型モールを中心にコンサル活動を行います。

サイトの構築に携わることはあまりなく、問題点を洗い出したり、競合の分析を行ったりして差別化するためのアドバイスをすることが一般的です。

すでにサイトを運営しており伸び悩んでいる方や、今後の運営について不安を抱えている方におすすめといえます。

③海外がターゲット:越境型ECコンサルタント

越境型ECコンサルタントは、海外向けの顧客に向けて集客するためのECサイト構築のサポートやコンサルティングを行ってくれます。

日本もECサイトの需要が高まってきていますが、同様に海外でも需要は高まっているため、海外展開することを検討している企業もいるでしょう。

海外向けのECサイトを運営するにも、言語や市場の大きさ、マーケティング方法などが異なるため、戦略を練ることが大切です。

とくにはじめて海外進出する場合は、知識の豊富な越境型ECコンサルタントに依頼することがおすすめといえるでしょう。

ECコンサルタント費用の相場は?ECサイト制作費の相場も紹介

ECコンサルタントに依頼するには、実際どれほどの費用が必要になるのか気になっている方も多いでしょう。

ここからは、依頼した際の費用相場やECサイト製作費の相場について解説します。

2パターンのコンサルティング費用の相場を紹介

今回は下記2パターンのECコンサルタントを例に費用相場を紹介します。

  • 顧問型コンサルティング
  • EC運営業務の代行も可能なコンサルティング

それぞれの費用相場は下記のとおりです。

コンサル内容費用相場作業内容例
顧問型コンサルティング月5〜30万円ほど依頼主の要望などに柔軟に対応し、運営に関するアドバイスや相談に対応。
EC運営業務の代行も可能なコンサルティング成果報酬の場合:売り上げの10〜20%ほど月額固定の場合:10〜50万円ほど運営に関するアドバイスだけでなく、運営自体も行ってくれる

ECサイト制作費相場は規模による

ECサイトの制作費用は、規模によって異なるため、規模別にECサイト制作の料金相場を紹介します。

料金ECサイトの規模
10万円以下プラットフォームなどを利用し、ご自身で作成するようなECサイト
100万円ECサイトに必要な機能が用意されているASPを活用したECサイト
200〜500万円オープンソース(市場に公開されているソースコード)を活用し作成するECサイト
1,000万円以上完全オリジナルのECサイト

ネクストエンジンならスポットでのECコンサルティング依頼も可能

ネクストエンジンはECサイトの運営業務を自動化・効率化できるシステムです。

そのネクストエンジンを導入していただければ、スポットでのECコンサルティング依頼をしていただけます。

できるだけ自社でEC運営を行い、悩んだポイントなどがでてくればプロに相談したいという方におすすめですので、ぜひ導入を検討してみてください。

ネクストエンジンについてやコンサルティングについてご紹介します。

ネクストエンジンとは

ネクストエンジンとは、EC事業の成長に活用できるプラットフォームであり、導入することで、「店舗を運営・管理するための膨大なコスト」「リソース不足」などの問題を解決できます。

ネクストエンジンでは、下記のような業務の効率化が可能です。

  • 受注管理
  • 在庫管理
  • 発注、仕入れ対応
  • メール対応

など

これらの業務に必要なコストを削減できるため、集客における施策考案などよりコアな作業に時間を割けるでしょう。

その結果、利益を最大化させることにつながるため、ぜひネクストエンジンの導入を検討してみてください。

ネクストエンジンを運営するNE株式会社とは

ネクストエンジンを運営するNE株式会社は、EC SaaS事業、ふるさと納税支援事業を提供し、すべてのコマースを支えることを目指して活動している会社です。

ネクストエンジン以外にも、ECコンサルティング・ロカルコなどのサービスを提供しています。

ECコンサルティングやネクストエンジン以外のサービスにもご興味のある方は、NE株式会社のサイトをぜひ御覧ください。

Hameeコンサルティングとは

Hameeコンサルティングは、無料でお試しすることができ、1か月単位で契約できるコンサルティングサービスです。

Hammeコンサルティングのサービスには下記3つの特徴があります。

  • 楽天などのモールから自社サイトまですべて対応
  • 各分野のスペシャリストがチームで総合支援
  • ご契約前に無料でECコンサルをお試し

月6万円からECコンサルサービスを受けることができるため、Hameeコンサルティングを利用して一緒に売上アップを目指しましょう。

まとめ:EC運営にお悩みの方は、ECコンサルタントを活用し売上アップを目指そう

本記事では、ECコンサルタントのメリットや種類・費用相場などについて解説しました。

ECコンサルタントに依頼することで得られるメリットは多くあります。

もちろん注意点もありますが、慎重にコンサルタントを選ぶことで、ECサイトの業績アップを目指せるでしょう。

また、コンサルタントに依頼するだけでなく、できるだけ自社内でも業務フローなどを改善したいという方は、ぜひネクストエンジンを利用してみてください。

あわせてHameeコンサルティングも活用していただくことで、作業の効率化だけでなく、売上アップも目指せるはずです。

両方のサービスを利用し、ECサイト運営を成功させましょう。