楽天スーパーSALE対策!! ネクストエンジンと楽天市場 RMS の処理を自動化する売上アップ & 効率化の事例紹介!!

みなさん、こんにちは!モアネ編集部員のぽんです!

楽天市場で3ヶ月に1度の大イベント「楽天スーパーSALE」の開催が迫ってきましたね!次回は2022年6月の開催が予定されていますが、みなさんセール対策・準備はバッチリでしょうか?

セールに合わせて商品名、販売価格、ポイント倍率などを変更することで、更なる売上アップが見込めます。セールの開始・終了タイミングにこれらの商品情報を更新したいところですが、深夜の対応は大変ですよね。

また、セールで受注が増えた時に出荷遅れなどが発生しないように体制を整えておかないと、お客様の満足度が下がってしまいます。

本日は楽天スーパーSALEで売上を伸ばすために重要な、商品情報の更新作業や、受注処理の自動化ができるEC特化ノーコードツール「TēPs(テープス)」の活用事例をご紹介します。

TēPsはネクストエンジンや楽天市場RMS、Googleスプレッドシートと連携して、EC運営のさまざまな業務を自動化できるアプリです。

こちらを活用すると、セール前後の業務を自動化できるため、深夜に作業をしたりセール終了後の大量の受注を処理する負担を軽減できます。

1.「楽天スーパーSALE」で売上を伸ばす!!楽天市場RMSの自動化事例

「楽天スーパーSALE」の機会を最大限に生かすには、きめ細やかな商品情報の更新が欠かせません。TēPsを使ったセール対策の事例をご紹介します。

1.1 商品名・キャッチコピーをセール専用にしてSEO対策

楽天市場の商品検索で上位表示されるためには、SEO対策が欠かせません。商品名やキャッチコピーの内容を充実させることで上位表示が狙えるほか、CTRが高まり商品ページをお客様に見てもらいやすくなります。

特にセール期間中は「ポイント5倍」や「セール半額商品」などのキーワードを入れておくことで、SEO対策の効果が高まります。しかし、セールの開始・終了のタイミングに合わせて商品情報を更新するためには深夜の作業が必要です。

TēPsを使うと、あらかじめGoogleスプレッドシートに更新したい日時と更新内容を記載しておくことで、自動で商品情報の変更が可能となります。

※商品名を変更するためのGoogleスプレッドシートのイメージ

1.2 セール専用の商品画像を用意してCTRアップ

商品画像は、お客様に商品の情報を伝える上で重要な要素です。特に、商品検索画面に表示される商品画像(1)はCTRやCVRに大きく影響します。セール期間中は専用の商品画像を用意し、「ポイント5倍」や「半額商品」などの文字を入れておくことで売上アップにつながります。

TēPsでは、あらかじめR-Cabinetに画像をアップロードしておくことで、Googleスプレッドシートをもとに商品画像(1)をセール開始・終了のタイミングに変更することができます。

※商品画像を変更するためのGoogleスプレッドシートのイメージ

1.3 スーパーSALEサーチの掲載に必要な商品情報の更新を自動化

「楽天スーパーSALE」で売上アップに欠かせないのが「スーパーSALEサーチ(※)」への商品登録です。このセール限定サーチでは、条件を満たした登録商品だけが検索結果に表示されるので、自店舗の商品をお客様に見つけてもらいやすくなります。

(※)スーパーSALEサーチの詳細はこちら

スーパーSALEサーチに掲載するためには、以下の商品情報の設定が必須です。

  • 販売期間(販売開始日時 / 販売終了日時)を「楽天スーパーSALE」期間中にする
  • 販売価格を10%以上さげる
  • 表示価格を「当店通常価格」、「メーカー希望小売価格」、「商品価格ナビのデータ参照」に変

しかし、セール終了後は販売期間の指定を外さないと、商品が販売できなくなり、売り逃しにつながります。
また、スーパーSALEサーチのために変更した販売価格や表示価格タイプなどを、すべて元に戻さなくてはなりません。

この作業は、セールの終了時間が深夜になるために、担当者の負担が大きくなると思います。

ですが、以下の画像のようにGoogle スプレッドシートに情報をまとめておくことで、TēPsを利用して自動で更新することができるんです!

※スーパーSALEサーチで変更が必要な項目を更新するためのGoogleスプレッドシートのイメージ

ここまでご紹介した、

  • 商品名、キャッチコピー
  • 商品画像
  • スーパーSALEサーチ掲載用の情報

を自動で更新する3つの事例は、更新したい項目を1つのGoogleスプレッドシートにまとめて処理をすることが可能です。

1.4 ポイント変倍率を変更してCVRをアップ

セールのタイミングに合わせてポイント変倍率をあげることで、CVRが高まり売上のアップが見込めます。
特に、初日や「0と5のつく日」が重なる最終日にポイント変倍率をあげておくと、大幅な売上アップが期待できます。しかし、セール期間中にこまめにポイント変倍率を変更するのは手間がかかる作業ですよね。

こちらの作業も、あらかじめGoogleスプレッシートにポイント変倍率の変更スケジュールを用意しておくことで、TēPsが自動でポイント変倍率の設定を完了します。

2. セールで増えた受注を自動で処理するネクストエンジンでの活用事例

「楽天スーパーSALE」で受注が大幅に増えても、ネクストエンジンとTēPsを組み合わせることで、さまざまな受注処理を自動化することができます。ここでは「楽天スーパーSALE」で特に有効な事例をピックアップしてご紹介します。

2.1 SEO対策で長くなった商品名を短くして納品書に記載

「楽天スーパーSALE」でSEO対策のために「ポイント〇倍」などの文字を商品名に入れると、商品名が長くなり納品書に印字した商品名が途中で切れてしまうことがありませんか?なかには手動で修正している方も多いと思いますが、セールのような受注が増えるタイミングでは負担が大きいですよね。

TēPsを使うと、Googleスプレッドシートに変換後の商品名を用意しておくだけで、納品書に記載する商品名を短いものに自動で変換することが可能です。

2.2 キャンペーンのノベルティを明細行に自動追加

セールに合わせてノベルティをプレゼントするような独自のキャンペーンを開催して、さらなる売上アップを目指す方も多いと思います。TēPsを使うことで、「合計●●円以上購入」「対象商品を購入」など任意の条件に当てはまった受注伝票の明細行に、ノベルティなどの商品コードを自動で追加することができます。

※追加できるのは単価が 0 円の商品に限ります。

2.3 出荷元を楽天スーパーロジスティクスと自社倉庫に自動で振り分け

受注伝票の中に含まれる商品に応じて、出荷元を楽天スーパーロジスティクスと自社倉庫に自動で振り分けることが可能です。Googleスプレッドシートに商品コードと出荷元倉庫の一覧を用意しておけば、TēPsがその情報をもとに受注分類タグを付与して、出荷元の振り分けを行います。

RSL自動連携アプリをご利用でセミオート設定にしている場合は、[RSL対象]の受注分類タグを付与することで、出荷依頼までを自動化することも可能です。

異なる出荷元倉庫の商品が混在している場合には、楽天スーパーロジスティクスから出荷したい商品の受注伝票を分割して新規起票することもできます。

3.他にもまだあるTēPsの機能

ご紹介した事例以外にもTēPsにはさまざまな使い方があります。こちらの記事で紹介しているので、ぜひ見てみてください。

4.無料トライアルは14日間

TēPsは14日間無料トライアルを実施中なので、これらの機能がすぐにお試しいただけます。無料トライアルの開始時にはスタッフが導入をサポートするので、難しそうだなと感じている方もご安心ください。またトライアル期間中も、わからないことがあればビデオ会議やメール、Slackでスタッフに質問することが可能です。ぜひ、お気軽にお申し込み下さい。

無料トライアル

5.無料オンラインセミナー

「TēPs」のことをもっと詳しく知りたい、実際にデモを見てみたい、という方のために無料のオンラインセミナーが開催されています。ご興味のある方は下記のリンクよりぜひご参加ください!

ネクストエンジンの作業時間を 3 割削減する方法とは
2021年1月12日(水) 「ネクストエンジンの作業時間を 3 割削減する方法とは」無料セミナーを開催!

6.まとめ

「TēPs」は、既存のサービスでは実現できなかった自社独自の業務を自動化するために、ネクストエンジン以外にもさまざまなサービスと連携をしています。

<現在、接続しているサービス>※順次拡大予定
ネクストエンジン / Amazon セラーセントラル / Amazon ベンダーセントラル / 楽天市場 RMS / Google スプレッドシート / Gmail / Google マップ / LINE / Slack / Chatwork ほか

これらのサービスを組み合わせて自由に設定ができるので、複雑な業務や細かい業務も自動化できるんです!

なので、エンジニアがいなくてもRPAがなくても、担当者が自分の手で業務を効率化する仕組みをつくることができます。

既存業務の自動化だけではなく「こんな新しいシステムも作れるんだ」というような新しい発見、楽しみを感じられるサービスとなっています。

14日間の無料トライアルで、自分でツールをつくり業務を効率化する楽しさを体験してみてください。

「TēPs」はテープス株式会社(※)様提供アプリとなりますので、
気になる方は是非下記のアプリ詳細よりお問い合わせください!
※2022年4月1日にシッピーノ株式会社より新設分割

▼「TēPs」アプリ詳細画面

TēPs (テープス) | EC特化のノーコードツール
ネクストエンジンをはじめ、 さまざまなサービスや条件を自由に組み合わせて、 オリジナルのタスク処理ツールを素早く無数に作れるアプリです。 プログラミングの知識がなくても、 ECのデータを自由に活用できます。 【 できることの例 】 ・ネクストエンジンの売上情報、在庫情報などをGoogleスプレッドシ...

タイトルとURLをコピーしました