自社倉庫でも委託倉庫でも、出荷業務を簡単に!

将来的には出荷業務を外部倉庫に委託することも考えているのですが、ネクストエンジンでどのような改善が可能なのでしょうか?
ネットショップの注文を自分たちで梱包して出荷しており、作業負担が大きいです。
出荷業務なので、時間がかかるのは仕方ない部分もあるかと思いますが、今後、受注件数をもっと増やしていきたいので、少しでも負担を減らしたいと考えています。

お問い合わせありがとうございます!

出荷業務は意識して対策をしないと業務の負担が大きくなりがちですよね。 ネクストエンジンでどのように負担軽減できるかを、「自社から出荷される場合」と「外部倉庫へ出荷を委託される場合」に分けて、それぞれご案内します。

ネクストエンジンで
出荷業務はどう変わる?

「出荷業務に時間がかかるのは仕方ない」と思っていませんか。ネクストエンジンなら、出荷の形態に関わらず効率化が可能です。

自社で対応

各モールとネクストエンジンのデータ連携の図

コピペやCSVデータの加工など
ミスが発生しやすい作業がゼロに!

送り状発行、発送連絡メール送信が楽に!

送り状発行のためのCSVデータはボタン一つでダウンロードが可能です。また、お客様に自動送信される発送連絡メールには送り状番号付が自動で挿入されます。コピー&ペーストの作業はもう必要ありません。

送り状発行システム連携 メール送信
納品書、ピッキングリストの
一括ダウンロードが可能

納品書やピッキングリスト、出荷指示書などの帳票をダウンロードいただけます。出荷指示書には、ギフトや熨斗対応などの出荷業務時の特記事項を記載可能。帳票のテンプレートが全てのEC店舗で統一されるので、確認漏れのリスクを軽減することができます。

自社倉庫にWMSを導入していてもOK

自社で出荷されている倉庫に、WMS(倉庫管理システム)を導入されている場合でも、ネクストエンジンは対応可能です。

倉庫連携

外部へ委託

集めた注文データと各システムの連携図

やることは「注文を出荷できる
状態」にするだけ!
365日自動出荷の実現も可能

出荷依頼、発送連絡メール送信が自動に!

委託倉庫に応じて、ネクストエンジンからの出荷依頼、委託倉庫からの出荷実績反映を自動で行うことが可能です。出荷実績反映後は、お客様へ送り状番号付の発送連絡メールを自動送信。もう倉庫からの出荷完了報告を待つ必要はありません。

倉庫連携 メール送信
商品が倉庫に入庫されるとEC店舗の在庫が自動更新

倉庫へ商品を入庫したあとは、ネクストエンジンに倉庫側の入荷実績を反映。EC店舗の在庫数が自動で゙更新されます。

倉庫連携
委託先がシステム化していなくてもOK

委託先の倉庫がWMS(倉庫管理システム)などを導入していない、独自のシステムを使っている場合でも問題ありません。CSVデータの受け渡しや、倉庫側のスタッフの方が直接ネクストエンジンから出荷できる注文を確認し出荷処理をしていくなど、様々な方法のご提案が可能です。

出荷業務の課題解決に向けて、より理解を深めていただけそうなコンテンツをご案内いたします。
自分たちで対応している場合も、自社倉庫から別のスタッフが出荷している場合も、出荷業務を委託している場合も、全て対応が可能なのですね。
途中で、自社出荷→委託出荷に切り替えた場合でも、日々のEC運営を止めることなく運用可能でしょうか?

はい、どのような出荷フローをとられているかによって異なりますが、自社出荷・委託倉庫からの出荷に関わらず対応しております。

出荷方法を切り替える場合でも、問題なく運用が可能です。その際の設定などでご不明な点がありましたら、ぜひサポートセンターへご相談ください。

ありがとうございます。
出荷件数が月200~300件になったらアウトソーシングを検討する方が多いようですが、知り合いのEC事業者は100件未満でも外注しているので、私も検討しています。いろいろ相談させていただけると嬉しいです。
そうなんですね。私どもも最近「EC立ち上げとともに出荷業務をアウトソーシングするので、ネクストエンジンを導入したい」というご相談をいただくことが増えております。早いタイミングから委託倉庫の利用をご検討されるEC事業者様は多くなってきているのかもしれません。
運送費値上がりの問題などもありますし、出荷場所の拠点を複数持つことも必要かなと思っているのですが、ネクストエンジンはそういった出荷フローに対応する機能はありますか?
複数拠点管理機能がございます。ただ、複数拠点からの出荷作業は、店舗様によって大きく異なることが多いため、詳細についてはぜひ一度お問い合わせください。

規模・ジャンルを問わず
ネクストエンジンを
ご利用いただいています
※一例

  • アパレル運営店舗

    店舗数
    30店舗+リアル店舗(BtoC)
    運営人数
    8
  • 輸入食材運営店舗

    店舗数
    2店舗(BtoC)
    運営人数
    1
  • 雑貨運営店舗

    店舗数
    9店舗+卸販売(BtoC・BtoB)
    運営人数
    14
  • ベビー用品運営店舗

    店舗数
    2店舗(DtoC)
    運営人数
    3
導入企業例
ちなみに「今の業務フローを変えてでも出荷体制を見直したい」となった場合、委託倉庫の相談なども可能でしょうか?

もちろんです!

例えば「365日自動出荷」を実現したいというご希望がある場合、必要なのは、

①365日出荷対応してくれる倉庫を見つける
②ネクストエンジンから倉庫への出荷依頼・出荷実績反映を自動化する

の2点になります。

①は倉庫側の話になりますので、私どもから詳細をお伝えするのは難しいため、お客様ご自身で探していただく必要がありますが、②についてはお気軽にご相談ください!

導入検討を進める際のポイント

  • 出荷業務のどこに課題があるかを洗い出す
  • 出荷業務を委託している場合、委託倉庫と一元管理システムがどのような連携になるのかを確認する
  • 将来的に出荷フローの変更がある可能性を見据えて、切り替えがしやすいかどうかを確認する
最大金額50,000円のギフトカードがもらえるチャンス!
お見逃しなく!
4月中のご契約で6月末まで利用料金が無料に!
詳細はこちら
98%が理解できたと大満足!
オンラインセミナー開催中

グループ会社

Hamee