必要な効率化ツールを自分で作るアプリ「Tetra」を紹介!

アプリ

みなさんこんにちは!モアネ編集部員のぽんです!
ネクストエンジンを使用していても、自社固有の細かい手作業が残っていませんか?

そんなあなたに朗報です!
今までネクストエンジン単体では手の届かなかった個別の課題を、エンジニアや開発会社に頼ることなく解決できる新アプリ「Tetra」をご紹介します。

1.ネクストエンジンアプリ「Tetra」のおすすめ活用例

「Tetra」は、自社固有の細かい作業に合わせて、エンジニアではない人でも自分で効率化のためのツールを作れるノーコードサービスです。

好きな条件を自由に組み合わせ、さまざまなデータの処理を自動化することができます。
オリジナルのツールをいちから作ることはもちろん、一般的な業務フローはあらかじめテンプレートとして公開されています。

すでに約20種類のテンプレートがすぐ使えるように用意されており、カスタマイズすればその類似業務まで自動化できるため、さらに多くの業務に対応できます。

その中で今回、特に人気がある5個のテンプレートをご紹介します!

1.売り上げや在庫数をGoogleスプレッドシートに自動で書き出す

2.伝票に不備があった場合、訂正依頼メールを自動送信

3.任意の条件に該当する伝票があれば通知する

4.発送方法を自動で変更

5.発送方法変更時に時間帯指定を自動で入れ直す

1個ずつ詳しく紹介していきますね!

1-1.売り上げや在庫数をGoogleスプレッドシートに自動で書き出す

「Tetra」を利用するとネクストエンジン上の情報をGoogleスプレッドシートに自動で書き出すことができます。
カスタマイズをすることで、自分が書き出したい情報を好きなようにGoogleスプレッドシートの任意の場所に出せるんです!

毎日何十分もかけて作っていた売上・在庫管理表が、朝出社した時にはすでに作られている状態が実現できます。

さらに、そのシート上の在庫数が減ってきたら、メールやLINEに通知することも可能です。

テンプレート:
ネクストエンジン在庫を Google スプレッドシートに自動反映

https://tetra.shippinno.com/info/t07/

1-2.不備がある伝票に対して訂正依頼メールを購入者に自動送信

不備がある伝票を1つ1つ確認して、訂正依頼メールや伝票更新をするのに手間を感じている人は多いですよね。
「Tetra」では、伝票に不備があった場合、不備の箇所を指定して購入者にメールを送信して、さらにそのまま伝票を正しい状態に更新するという仕組みが作れます。

例えば、住所から番地が抜けている受注伝票があった場合、自動で抜け漏れを判別して「住所の訂正をお願いします」というメールを購入者に送信することが可能です。

テンプレート:
ネクストエンジンの受注伝票に住所不備があれば購入者にメールを送信する

https://tetra.shippinno.com/info/t12/

1-3.任意の条件に該当する伝票があれば店舗運営担当に通知する

伝票の中で特定の条件を自分で設定できて、通知がきたら漏れも無くなって助かると思いませんか?

例えば、「印刷済みから出荷確定に2日間経っても移動しない」場合に通知するなど、出荷漏れがあった場合でもすぐにキャッチできる仕組みをつくり、機会損失を防ぐこともできます!

通知はメール、LINE、チャットツールなど、自社の運用に合わせて選択可能です。

テンプレート:
ネクストエンジンの受注伝票についてメールを送信する

https://tetra.shippinno.com/info/t03/

1-4.特定の条件で発送方法を変更

お客様ごとに発送方法の変更をしないといけないシチュエーションは多いですよね?
「Tetra」を使用すれば、発送方法の変更を毎回手作業で行う必要はなくなります。

例えば、「沖縄県」と「北海道」に発送の場合だけ、配送業者を変更することも可能です!
ほかにも、配達希望日や商品の種類を条件にすることもできます。

テンプレート:
商品や商品点数を判定して最安の発送方法を設定する

https://tetra.shippinno.com/info/t11/

1-5.発送方法変更時に時間帯指定を自動で入れ直す

ネクストエンジンでは、発送方法の変更時に、時間指定が消去されてしまい、再度時間指定を入れ直す業務が手間という課題があります。
これは「Tetra」で発送方法変更時に時間指定を自動で入れ直すことで解決できます。

例えば、佐川急便からヤマト運輸に変更するとします。
その場合、佐川の時間帯コードとヤマトの時間帯コードを参照して、自動で正しい時間帯コードを反映することが可能です。

テンプレート:
お届け先住所によって自動で発送方法と時間指定を変更する

https://tetra.shippinno.com/info/b20/

2.まとめ

今後「Tetra」は、既存のサービスでは実現しなかったことをできるようにするため、多種多様なサービスと連携をしていきます。
モール・カートはもちろん、SNSやGoogleアプリ、ビジネスチャットツールなど、業務で使う幅広いサービスとの連携を予定しているそうです。

それらのサービスを組み合わせて自由に設定ができるので、複雑な業務や細かい業務も自動化できるんです!

「Tetra」を使えば、エンジニアがいなくてもRPAがなくても、担当者だけで効率化の仕組みを作っていくことが簡単に実現できます。

既存業務の自動化だけではなく「こんな新しいシステムも作れるんだ」というような新しい発見、楽しみを感じられるサービスとなっています。

30日間は無料で試せるので、必要なツールを自分で作る楽しさを体験してみてください。

「Tetra」はシッピーノ株式会社様提供アプリとなりますので、
気になる方は是非下記のアプリ詳細よりお問い合わせください!

▼「Tetra」アプリ詳細画面
https://base.next-engine.org/apps/2580/detail/


ブログへのご意見、ご感想をお待ちしております!
お気軽にご投稿下さいm(_ _)m

■■■ご意見フォームはこちらをクリック■■■

※お寄せいただきましたご意見につきましては、本コンテンツに役立てるよう全て拝見いたしますが、回答や返信をお約束するものではありません。あらかじめご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました