他のモールに比べてできることが少ないと言われる一方で、シンプルで効率的な仕組みを追求しているように見えるのがAmazonです。Amazonでは、Amazon自身による販売のほか、大口出品(プロマーチャント)として、出店登録することが可能です。

Amazonの在庫管理:MWS API

自動的にデータを更新するだけでなく、注文情報の自動取込やAmazonの在庫管理、在庫連携も行うことが可能です。ネクストエンジンでは、Amazonとの自動的な連携を実現するために、Amazonが用意する MWS APIという仕組みを用います。
在庫管理の機能ではAmazonだけでなく他の店舗の在庫も更新する在庫自動連携、店舗によって在庫数の割合を振り分ける割合在庫数の設定など、様々な機能が用意されています。
Amazonの在庫管理、在庫連携を行う場合は、マニュアルのご用意がありますので、Amazon管理画面から、ネクストエンジンと連携の設定を行う必要があります。

Amazonの注文はCeller Central(セラーセントラル)で管理

amazonの注文、在庫、商品登録などの管理を行うセラーセントラルの画面

通常Amazonの注文はCeller Central(セラーセントラル)で管理します。Amazonならではのルールとして、出荷通知の仕組みがあります。出荷作業を終えて、送り状の番号をAmazonに通知することで、Amazonで出荷完了の処理がなされ、購入者に課金されるようになっています。
ネクストエンジンでは、この出荷通知連携に対応しています。ネクストエンジンにおいて出荷が完了し、送り状の番号も入力されていれば、自動的にAmazon管理画面側の注文情報を更新することができます。

Amazonへの商品登録もネクストエンジンから

Amazonの商品登録は、他のモールと異なり、他業者が作成した商品情報を使用する事ができます。逆に、使われる場合もあります。
ネクストエンジンではページ管理機能で、楽天やYahoo!ショッピングなどその他のモールの商品情報を使用して、Amazonへ一括で商品登録をすることができます。商品登録を一括で行う事によって、一つ一つの商品をAmazonの管理画面で登録する手間を省き、効率的な商品登録作業を実現します。

FBA・FBAマルチチャネルサービスとの連携で実現する世界

FBAとは、Fullfillment by Amazonの略語で、Amazonが提供する物流サービスです。物流だけでなく、Amazonにおける販売時の注文管理まですべて代行してもらうことが可能です。24時間365日稼動のAmazon大型倉庫を利用するため、リードタイムの短縮が実現できるだけでなく、Amazon内での販売で商品の表示に優遇があるため、販売増加にも効果が見込めます。FBAマルチチャネルサービスとは、FBAを利用した在庫商品に対して、楽天など他のモールにおける注文も出荷依頼を出すことが可能なサービスです。

ネクストエンジンの機能を拡張する「ネクストエンジンアプリ」のひとつ、「シッピーノ」を使う事で、このFBAの在庫管理もかんたんに。ネクストエンジンは取り込んだ注文を出荷可能かどうか、自動的に判断できるので、その後「シッピーノ」が年中無休のAmazon倉庫に対して自動的に出荷指示。劇的な効率化を実現します。

ネクストエンジンの機能拡張を実現する、ネクストエンジンアプリについてのご案内もご確認ください

余った時間を商品企画や販促に使って
”売上げUP!”を狙いましょう。

資料のダウンロード

ネクストエンジンに関する、より詳しい資料をPDF形式でダウンロードできます。

資料ダウンロード

いつでもお会いします

「会って話がしたい」。お電話やメール以外でのご相談も、私たちはいつでもお待ちしています。

相談フォームへ

お気軽にお問い合わせください

お問合せ時間及び営業日

平日10:30-17:30 / 
定休日 土・日・祝祭日
営業カレンダー