運営しているネットショップが軌道に乗ってきたので、別のモールへ2店舗目を出店する——
ネットショップの多店舗展開は、既に出店しているモールの商品データを流用して売り場を増やし、
インターネット上の露出を高める事の出来る、費用対効果の高い施策です。

2店目の出店先は楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなどの大手モールサイトであったり、
もしくは自社サイト(カートシステム)を作るという選択肢もあるでしょう。

本記事ではネットショップの多店舗展開をした時に必ず起こる問題を具体例を交えてご紹介します。

ネットショップ多店舗展開後に起こる問題

複数のネットショップを出店している時に起こる問題。それは単純に「確認しなければいけない管理画面が増える」ことに尽きます。
注文の確認や商品ページの更新など、今までは一回で済んでいた作業も店舗数分行う必要があります。
また、注文情報や商品情報はそれぞれの店舗で保存されるため、全体で何が起こっているのか、
その把握作業だけでも大変な手間がかかります。

また、モールやカートによる「楽天では〇〇ができるけど、このモールでは出来ない」といった、
仕様の細かい違いも、運用が煩雑になる要因の一つです。
複数のネットショップ運営をすると、具体的にどういった部分が課題になってくるのか、シーン別にまとめました。

【商品登録・更新】

商品の登録、更新はそれぞれの店舗で行います。
同じ商品でも、モールによって商品カテゴリが異なったり、
モール特有の登録情報が必要な場合もあり、想像以上に複数店舗の商品登録は面倒です。
多店舗展開はしたものの、商品登録が進まずに開店休業状態・・・というのも実際によくある話です。

【注文の管理】

ネットショップの注文処理は大きく分けて、「注文の確認」「注文メールの送信」「発送」「発送連絡」があります。
この処理が店舗分あると思うと、その手間の大きさが分かりますよね。
また、想像以上に手間がかかってしまう「お客様対応」。
電話で問合せを受けた時に、そのお客様がどのお店で購入したのか確認後、管理画面に入る必要があります。

【在庫の管理】

商品が売れるたびに各店舗の在庫の更新を手動で行わなければいけません。
更新が間に合わないと、欠品の恐れもあります。
欠品時のお客様へのお詫び等、クレーム対応業務は出来る事なら避けたいものです。

【送り状の発行】

ヤマト運輸、佐川急便などの送り状発行も、「配送情報の出力から送り状発行ソフトへの取込」を店舗分行う必要があります。
モールによっては送り状データが出せないため、手動で配送情報を一件ずつ手動でコピペし、
送り状を作成しなければいけません。

さいごに

いかがでしたでしょうか。本記事ではネットショップの多店舗展開時に起こる問題について紹介しました。
複数ネットショップを運営する場合は、受注作業を外注に依頼する、もしくはネットショップを一括で管理するネットショップ一元管理システムの導入を検討してもいいかもしれません。(ネットショップの一元管理について)
これから楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどへ2店舗目の出店を考えている方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

余った時間を商品企画や販促に使って
”売上げUP!”を狙いましょう。

資料のダウンロード

ネクストエンジンに関する、より詳しい資料をPDF形式でダウンロードできます。

資料ダウンロード

無料オンラインセミナー

オンラインで実際の画面をご覧いただきながら、ネクストエンジンについてご説明します。

詳しくはこちら

いつでもお会いします

「会って話がしたい」。
お電話やメール以外でのご相談も、私たちはいつでもお待ちしています。

会って話してみる

お気軽にお問い合わせください

お問合せ時間及び営業日

平日10:30-17:30 / 
定休日 土・日・祝祭日
営業カレンダー