2017
11/30

Hameeはなぜスマホグッズで利益率を上げることができたのか?代表取締役に聞いた!

1130thu-top

こんにちは!モアネ編集長こしみです!

 

Hameeに入社して3年目に入りましたが、実はずっと「スマホグッズって、頻繁に買い換えるものでもないし、単価も高くないし、利益でるのかなあ?」と、疑問に思っていました。

 

そこで、今回はその秘密を探るため、弊社Hamee株式会社の代表 樋口に直接インタビューしてきました!

 

利益をどう出すか?」「受注件数が増えても今の人数のままで業務を回すには?」といった店舗運営のノウハウを聞いてきました!

経営的にも追い込まれた経験から

―今日はよろしくお願いします!ちなみにモアネって読んだことありますか?

 

樋口:よろしくお願いします!もちろん知ってるよ!たまに見てます!

 

―ありがとうございます!最近営業利益率があがったとお聞きしましたが、その理由をこっそり教えてくれませんか?

 

樋口:それはですね、断捨離です。

 

―断捨離ですか?

 

樋口:実はずっとロングテールの品揃えを目指してたんですよ。1年に1つでも売れれば良い、という発想で色んな商品を仕入れていたんですが、年々在庫が増え、気がついたら抱えきれないくらいの量になっていました。会社の経営的にもまずい状況となりまして……

1130thu-1

ロングテール的発想だと、大量生産だったり仕入れだったりとなるので、どうしても忙しすぎて仕事が粗くなる。スタッフが本来持っているクリエイティブ魂を入れ切れない商品作り、ページ作り、顧客対応、デザイン、仕入れ、発注…と、全てが粗くなってしまう。

 

で、まずは在庫の断捨離から始めました。

断捨離(1)在庫を減らす

樋口:これからはどんどんSKUを減らしていって、これだ!と思う入魂の商品だけを扱っていこうと思ってるんですよ。これが「在庫の断捨離」です。

 

そもそも、商品数が少なければ商品を登録する数も減るし、商品ページも作らなくて済むし、経理も楽になりますよね。

 

―確かに商品が増えれば増えるほどネクストエンジンに登録する数も増えていきますよね!ただ…今あるものを無くすのってすごく勇気いりませんか?

 

樋口:もちろん、今まである商品を突然なくす訳にはいかないんで、ロングテール的な商品を新しく作ったり仕入れることを、なくすようにしました。

 

これから仕入れるものを少なくしていくだけでも、実はかなり効果があって、そんなにすぐに効果は出ないと思ってたんですが、結果的に営業利益率が数年で4%から10%にあがりました。

1130thu-2

あくまでも商品のクオリティを上げる事が大前提ですが、1SKUあたりの売上が増えます。不良在庫の発生が減り、新規商品取り扱いに関連した仕事が減り、よりブランディングや商品作りへの投資ができるようになりました。

受注件数が増えれば増えるほど忙しい

―なるほど、今あるものを減らすのではなく、新規商品を厳選していくと言う事ですね!その他に断捨離したものってあるんですか?

 

樋口:実は「発送方法」「決済方法」を減らしました。受注件数が増えていくにつれて、カスタマーサポートの仕事がどんどん増えていってしまい、セール時などかなり忙しくなってしまったんです。

 

発送方法や決済方法が多いと、その分多く手作業が発生してしまうんで、安い送料のメール便等を用意する事でお客様のご負担が減る以上に、コストがかかってることに気がついたんです。

1130thu-4

断捨離(2)「発送方法」「決済方法」を減らす

―「発送方法」「決済方法」を減らすとは具体的にどういったことを行ったのですか。

 

樋口:発送方法は今までは複数種類あったのを1つにしぼりました。配送方法や送料の修正作業がなくなりました。業務がシンプルになりましたね。

 

また、決済方法については、昔は銀行振込前払いがあったんですが、入金確認のメールを送ったり、結局催促しても振り込んでくれなくてキャンセル処理をしたり、とすごく手間が多かったので、前払い決済は思い切ってなくしました

 

―決済方法を減らしたら、今までその決済方法を使っていた人が買えなくなってお客様が離れちゃいませんか?

 

樋口:いやあ、正直「売上下がっちゃうかな・・・」と覚悟してましたが、結果的に売上には影響ありませんでした。むしろ少し右肩上がりでした。

 

よく考えたら決済方法が多いと、購入者も何を選んだらいいのか悩んじゃいますよね。それをシンプルにしてあげたのが良かったんだと思います。

 

今やネットショップも当たり前になってきて、ほとんどのユーザーはクレジットカードです。ただ、うちは高校生も購入してくれるんで、クレジットカードを持ってない若い世代用に代金引換は残してます。

1130thu-3

結果的には、お客様が買いやすくなり、売上は変わらず、しかもカスタマーサポートが丁寧になり、おまけに早く帰れるようになったのが良かった!って思います。

 

―そうですね!業務をシンプルにするって大事ですね!

まとめ

今回のインタビューを通して、売上が順調でもそうでなくても、常に自信満々にやっていくというのは難しくて、不安があっても思い切って一歩を踏み出せるかどうかが大事なんだ、と私は感じました。

 

毎日のルーティンワークが決まっていることは安心で安定ではありますが、「断捨離」を通して、効率アップや売上アップに挑戦するのは、店舗運営者としては避けて通れないのかもしれません。

 

モアネをご覧のみなさんも、これを機に今の運用を見直し、何かを断捨離して、コストを下げて、利益率アップを目指しませんか? 働き方改革にもつながりますよ。

 

ネクストエンジンは数々の便利な機能により、サポートセンターは設定のお助けや運用相談を通して、今後もみなさまの挑戦を強力バックアップして参ります!

 

 ♪こしみからの一言『私はネットショップでクレジットカード以外使ったことないです。』

*************************************
こちらのブログでこんな機能があれば教えてほしいなど、ご意見ご要望がございましたら、下記フォームよりご連絡ください!
■■■ご意見フォームはこちらをクリック■■■
※お寄せいただきましたご意見につきましては、本コンテンツに役立てるよう全て拝見いたしますが、回答や返信をお約束するものではありません。ご了承ください。

「いいね!」を押して最新の記事をFacebookでも見る