牛丼チェーン店「松屋」など、外食チェーンを多数運営する松屋フーズホールディングス。シェアードサービスセンターでECモールの受注全般を管理されている薦田徹也さんと、戦略事業部でECの販売戦略を担っている岩田幸恵さんにお話を伺いました。

「牛めし」1本足→新商品を続々投入!スピード対応も後押し

楽天SOY受賞おめでとうございます!どのような点が評価されて受賞に至ったと思いますか?

松屋といえば「牛めし」。店舗では圧倒的に売れている商品なので、ECでは10年以上「牛めし」1本足での販売をしてきました。2年前くらいから商品ラインナップを増やすことを試み、「ロースかつ」や「カレー」などもメニューに加えてみたんです。これが思った以上にお客様から反響がありまして、大きな売上アップに繋がりました。
 
もう1つは、スピード対応。即日出荷はもちろん、売上とともにカスタマー対応の人員を増やし、即時対応を徹底しました。小さなことですが、レビューにちゃんと返信するなど、小さな積み重ねをしてきたことが、お客様からの支持に繋がっていると考えています。

倉庫連携をスムーズにし、1日の出荷を最大限にしたい!

ネクストエンジン導入前は、どんな課題を抱えていましたか?

昨年までは別の一元管理システムを利用していたのですが、倉庫との連携に課題がありました。具体的には、出荷データはある程度まとめてでないと倉庫に渡せず、昼頃に1日1回しか送れない。随時データを倉庫に渡すことができれば、本来なら1日5,000件ほど対応できるはずです。ところが、限られた出荷データしか渡せないので、1日3,000件しか出荷できない、という状況が起きていました。
 
出荷の限界値が下がるということは、売上を伸ばしていく上で大きな課題だと感じており、以前よりこのような課題を解決できるシステムを部内で検討していました。そんな中、ネクストエンジンの存在を知ることとなり、正式に導入が決まりました。

システム見直しで出荷効率大幅アップ。3名体制で月5万件を安定出荷!

ネクストエンジンの導入後は、どんな変化がありましたか?

出荷の効率が大幅にアップしました! 1時間当たりの出荷件数は、導入の前後で50件程度から80件程度と1.5倍以上になりました。即日配送も実現でき、現在は月5万件以上の出荷を、3名の受注処理担当で安定して回せています。もちろん売上も比例してアップしています。

導入の直後にAmazonで大きなセールがあり、1日あたり5000件前後の受注があったのですが、出荷データを何とか滞ることなく処理できたのはよく覚えています。以前のシステムではこのセールの受注をさばき切るのは厳しかったと思うので、導入しておいて良かったとその時痛感しました。

次なるチャレンジは定期購入

今後の展望があれば、お聞かせください。

コロナが収まるまでは、どうしても実店舗には足を運んでもらいづらい状況ですので、ECをさらに強化し、より多くの方に弊社の商品をお届けできればと思っています。特にチャレンジしたいのは定期購入ですね。お客様からのニーズは必ずあると感じていますし、売り方も時代の変化に合わせて変えていく必要があると思っています。

取材を終えて

徹底したお客様目線の取り組みによって、ECを拡大されている松屋フーズ。たった3名で月5万件もの受注を捌いているとは驚きです。定期購入もぜひ実現して欲しいですね。

※本記事の内容は2021年2月19日時点のものです。

野球を中心としたスポーツ用品を、ECのみで5店舗運営する株式会社B.B.T.。その店長として、店舗運営と販促等を行っている店長の山田尚玄さんにお話を伺いました。

出荷作業の外注と受注処理の自動化で販促に注力

楽天SOY ジャンル賞の連続受賞、おめでとうございます!受賞のポイントは何だったと思いますか?

出荷作業を外注し、受注処理の自動化することで、時間に余裕ができたのが大きかったです。それにより、販促に全力投球することができ、結果的に売上を上げられたことが、評価に繋がったのだと思います。出荷は楽天物流に、ネクストエンジンで受注処理を自動化したことで、以前では捌ききれなかった量の受注に対応できるようになりました。

空いた時間でメルマガ、LINE、YouTube「ベーチャン」運営

販促の取り組みについて、詳しく伺えますか?

まずはモールごとのセールに合わせたクーポン配信やキャンペーンの実施です。例えば、楽天市場。セールに敏感なお客様が多いモールのため、大きなセールに併せてクーポンを配信したり、送料無料キャンペーンを実施すると、セールの波に乗り、さらに売上を上げることができるんです。
 
あとは毎日のメルマガや、公式LINEでの情報発信、ここ数年はYouTubeにも力を入れています。3年前「これからは動画が重要になる!」と思い、YouTube専属のスタッフを雇って「野球専門ch ベーチャン!」というチャンネルを開設しました。今では登録者数は3万人近くまで伸びて、これが新規顧客の獲得に役立っていますね。

社員総出で深夜まで及ぶ梱包作業・・・販促に手が回らず

ネクストエンジン導入前の課題について、教えてください。

当時は自社ですべて出荷作業を行っていたので、大きなセールがあると本当に大変でした。1日1,000件越えの受注があり、代表含め社員総出で深夜1時2時までの梱包作業。セール時になると決まってそんな状況に陥るので、スタッフは疲弊し、職場の雰囲気も重くなっていきました。
 
また、セール中にメールをどんどん打って販促すべきなのに、それをやる時間が一切ない。たとえ販促ができたとしても、それで受注が増えれば出荷作業が増え、みんながもっと大変になる…と販促にアクセルを踏み切れないことを、何よりもどかしく感じていました。

そんな時に、代表が社員全員を集め、「出荷を外注しようと思う。どう思う?」と。反対する者はおらず、満場一致で外注に向けて動きだしました。出荷を外注するには、一元管理ツールも入れる必要があり、そこでネクストエンジンの導入を検討しました。

抜本的に業務フローを変えたい 自動化実現へ

ネクストエンジンを選んだ決め手は何でしたか?

新しいシステムを入れても、今までと同じ運用をしていたら、意味がない。ネクストエンジンの他に、自分たちの業務フローに合わせられる、カスタマイズ性の高いシステムもたくさんありました。しかし、私たちは抜本的に業務フローを変える必要があると感じていたんです。ネクストエンジンの「確認しないことをよしとする=自動化」システムは、まさに私たちが求めていたものでした。機能がシンプルなネクストエンジンに、自分たちの業務フローを寄せることで、大きな改善ができる!と導入を決断しました。

期待通りの効果を実感。販促へ全力投球!

ネクストエンジン導入後はどのような変化がありましたか?

2013年の9月に導入したのですが、導入時はシステムに慣れるのに精いっぱいで、正直言って導入前よりも忙しいときもありました。効果を感じはじめたのは、2か月後くらいでしょうか。楽天イーグルスが優勝して、その優勝セールがあったのですが、そのとき円滑に業務を回すことができて、「ああ、楽になったな」と実感しましたね。

導入によってスタッフの時間にゆとりが生まれ、出荷量の多いセール時でも、スタッフ全員8時半にきて定時の18時に退社できています!前は朝5時にきて深夜もざらでした。大きな違いですよね!

また自動化で時間ができたことで、通常の販促活動に加え、土日出荷の対応や、刺繍サービス、交換無料サービスなど、付加価値を加えるようなサービスにも取り組めるようになりました。その甲斐あって、売上は導入前と比較して330%と大きく伸ばすことができました。
 
また、システムでしっかり在庫管理できるようになって、クレームが無くなったことは大きいですね。以前は出荷しようとしたら「在庫が見つからない!」ということがあり、お客さんに怒られるし、レビューも下がるしで、二重三重のダメージがありました。クレームの数が減ったことで、単純な業務時間の短縮だけでなく、スタッフの精神衛生も向上したことは結果的に離職率を下げることにも繋がりました。

今までやりたかったことがようやくできる

今後の展望があれば、お聞かせください。

「今までやりたかったけれど、余力がなくてできていなかったこと」をやっていきたいと思っています。
 
具体的には、オーダー商品や複雑な加工品を提供する体制づくりです。スポーツ用品はオーダーメイドの需要が高いのが特徴です。さらにリーチできる客層を増やしていくためにも、「刺繍サービス」は力を入れていきたい取り組みですね。
 
そして、今はほぼ野球用品ですが、それ以外のスポーツにも進出していきたいと思っています。野球を含め、チームスポーツ人口は減ってきているのは確かです。それをただ見ているのでは面白くありません。スポーツの可能性を信じて、これまで野球で培ってきたノウハウを転用して、テニスなど新しい領域にもチャレンジしていきたいです。

取材を終えて

梱包地獄を乗り越えて、+αの活動にようやく取り組みはじめることができると嬉しそうに語ってくれた山田さん。ベースボールタウンの今後の展開がとても楽しみですね。

※本記事の内容は2021年2月22日時点のものです。

ビールの本場ともいわれるドイツのビールは日本でも人気が高く、オクトーバーフェストが開催されると多くの人で賑わいますよね。そんなドイツビールを岩手県・盛岡で製造販売する株式会社ベアレン醸造所は、工場直売・電話での注文に加え、自社WEBサイト・楽天・Amazon・ふるさと納税での販売を行っています。

ネクストエンジンの導入前、最繁期の「父の日」の直前には1か月で15,000件以上もの受注処理を2~3人でこなさなければならず、連日業務が深夜まで及ぶこともあったそう。ネクストエンジン導入の経緯と効果について、業務部部長の坂爪様と、実際にネクストエンジンを使って業務をされている澤田様にお話をお聞きしました。

ベアレン醸造所様はヨーロッパのビールの中でも特にドイツビールにこだわっていますよね。

はい。ドイツビールはビールの中でも味がスタンダートなものが多く、奇をてらわないというか日本人の口に合うものが多いんです。麦芽の美味しさを引き出した味わいがあって、日本で好まれている「ラガー」タイプの元となったのがドイツビールです。

日本人に好まれるであろうことに加え、創業者のうち1人がドイツ出身だったことから、まずはドイツビールから始めたいという会社の考えがありました。ドイツから100年以上前の醸造釜を移設するなど、昔ながらのドイツの製法を再現しているのも特徴です。

ベアレン醸造所様はSNSの活用が上手な印象です。SNSにはどのような役割を持たせていますか?

3年前に自社を知ってもらうための取り組みとして、SNS専用の部署を発足させました。単純な広告宣伝のためのツールというよりは、ビールの醸造所としてもっと「ビールを飲む場」「ビールを飲むバックグラウンド」を楽しみ共有するための発信の場として活用しています。

とはいえ、Twitterでキャンペーンを行うとかなりの反応がありますし、ECサイトに導く仕組みも整いつつありますのでかなり売上にも貢献してくれていると思います。

ネクストエンジンは2019年の4月から導入頂いていますが、きっかけがあったのでしょうか。

創業2年目の2002年から自社WEBサイトでの販売を開始し、その後も楽天・Amazon・ふるさと納税と、少しずつECでの販路を増やしていきました。4~5年前までは、1年の中で突出して「父の日」の贈り物の需要が大きく、「父の日」直前は1か月で15,000件以上の注文を頂いていました。そのため、他社のサービスを使った運用では大量の受注処理を行うのに膨大な時間と手間がかかっていました。担当者は2~3人だったため、普段は対応できていても「父の日」の受注15,000件以上をこなすのに連日深夜2時3時まで残業が続いて……。そのため、毎年父の日が近づいてくるのが怖くて仕方がない状態でしたね。

最初は他社のサービスを利用していたのですが、自動化できる部分が非常に少なくて……。受注するたびに1件1件、すべての伝票を開いて確認しないといけなかったんです。受注完了メールも手動で作成する必要があって、さらにシステムが重いのかメールを送るのにパソコンが1時間も固まってしまうことさえありました。

あまりにも現場担当者の負担が大きいため、もうECでの販売自体を辞めてしまおうかという話も社内で真剣に検討されました。しかし、売上規模の大きい「父の日」のEC売り上げを捨てる判断にはならず、「やるなら無理のない運営体制を作ろう」ということで、EC運営の効率化について考えることになりました。加えて2018年頃からふるさと納税の注文も頂くようになり、急激に売上が伸びたこともあって、より効率を上げて対応すべくネクストエンジンの導入を決意しました。

ネクストエンジンを導入して現場の負担は減りましたか?

はい。まず、「父の日」の対応期間であっても常識の時間内に業務を終え帰宅できるようになりました(笑)。受注した商品は弊社の工場から出荷しているのですが、伝票を印刷するところまでほぼ自動でできるようになったのはかなり大きいです。

また、ネクストエンジンのアプリを活用し、細かな部分での自動化も進められています。具体的には、カスタムデータ作成アプリ・自動受注処理AWSアプリを活用しています。自分たちのやりたい運用に合わせてネクストエンジンをカスタマイズできるのがいいですね。

さらに、受注から出荷までの間に手動で行う工程が格段に減ったので出荷ミスが減りました。人間の手が入れば入るだけミスが起きる確率が増えますから。

これまでは父の日だけが突出して売上が大きかったのが、現在は「おうち飲み」需要や「ふるさと納税」需要が1年通じて売上が増え、年間売上は前年と比べ1.6倍にまで増えました。同僚とは「こうなる前にネクストエンジンを導入しおいて本当によかったよね」「以前の状況だったらこの受注数に応えられていないよね」としみじみ話しています。

また、コスト面でも確実にメリットがあると感じています。これまでのシステムのままであれば確実に人員を増員しなければならなかったと思いますが、以前と同じ人数で対応できているのはネクストエンジンのおかげですね。

負担が減ってよかったです。空いた時間はどのように活用されていますか?

空いた時間はこれまでは余裕がなくてできなかった効率的な運用方法の検討と、実装のための時間に充てることができるようになりました。ただ受注処理に追われていたのが、よりよくするための考える時間が取れるようになったのは嬉しいですね。アプリの設定や開発を行うなど、さらに自動化に向けた仕組みづくりができていると思います。

今後さらに強化したいところや、課題はありますか?

実は2017年、弊社にワークライフバランスのコンサルティングに入ってもらったんです。今後社員のワークライフバランスをどのように実現するかの検討と改善を重ねています。そんな中ではありますが、我々ECの部署はいまだに社内でも残業の多い部署として指摘を受けている状況です。

残業を減らしワークライフバランスを実現するためにも、ネクストエンジンをより一層活用し効率化をはかることが重要と考えています。将来的には「ボタン一つ押せば、全部の流れが自動で行われ、出荷までされる」という状況を目指しています。そこに近づくためのアイディアを小さなことからでも出していこう、と業務部内で試行錯誤しているところです。今進めている内容としては、伝票を毎回印刷して渡すのではなく、受注したらすぐに梱包の担当者にPDFで送られる仕組みの開発です。将来的には全自動で梱包までできるようになるといいですね。

会社全体の課題としては、弊社の販売比率がECを除くと5割が地元での売上であること。地ビールの会社は全国にありますが、地元で50%以上消費されている会社は少ないのが現状です。弊社はもともと地元重視の方針だったこともあり、地元には強い一方でそれ以外の地域に向けた施策をまだ伸ばす余地があるなということは課題だと感じています。

2年前に缶の工場を作りましたので、瓶よりも輸送コストを減らすことができる体制が整いました。今後は関東から関西にかけて出荷先を広げていき、ゆくゆくは本場ドイツへの輸出を行い、海外でも飲まれるようになるといいなと思います。

取材を終えて

2~3人で15,000件以上の受注(!)をこなしていたということで、その大変さは想像を絶するものだったと思います。ネクストエンジンを導入頂いたことで、今後は半自動から全自動に向けた仕組みづくりと並行して日本全国・そして世界中への販路拡大を目指して頂ければと思います。世界中でベアレンビールが飲めるようになる日が来るのが楽しみですね!

※本記事の内容は2021年1月21日時点のものです。

長野県の南信州の名物である『市田柿』や、インスタ映えするスイーツ『太っちょマカロン』『フラワーロール』『ハーバリウム風ゼリー』などを販売している「わらいみらい」は、楽天・Yahoo!ショッピング・Amazonの3つのモールを展開しています。2019年10月よりネクストエンジンをご利用頂き、売上はどんどんアップ……なんと2倍にまでなったといいます。今回はどのようにネクストエンジンを活用されているのかを、代表取締役社長の富田亮さんにお話をお聞きしました。

ネクストエンジンを導入しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

私はもともと干し柿の卸売販売の会社員を務めていました。国内の市場や海外のバイヤーに柿の卸売をする中で、実は副業的に始めたのが市田柿のネット販売だったんです。市田柿の販売が好調になってきたタイミングで、以前行っていたスイーツ販売も再開し、本格的にネット通販を始めました。ですが、柿の繁忙期である12月には1日数百件売れることもあり、夜中まで伝票整理に追われるようになってしまいました。

この干し柿は12月頃に出来上がって販売開始するのですが、それがお歳暮の時期とちょうど重なります。10月頃からたまっていた受注を、出来上がりに合わせて「12月○日に出荷する」と予約で留めておくと、当日の発送が膨大な量になってしまいます。1件ずつ伝票確認作業をして発送作業もして。業務が重なりとにかく大変でした。

繁忙期以外の時期でも1日20件ほど受注を頂いていたのですが、注文画面を見ながら伝票に手入力で書き写していましたから、どうしても1年に2~3件はヒューマンエラーが起きてしまっている状況でした。

当初はAmazonのみでしたが、その後楽天・Yahoo!ショッピングにも展開していく予定だったので、もっと効率化をはかりたいなと思いシステムの導入を検討しました。最初は他社のサービスを利用していたのですが、Paypayの連動が出来なかったこともあり、再度別のサービスを検討しようとWEB検索をしているときにネクストエンジンを見つけ、切り替えることにしました。

ネクストエンジンを導入してみていかがでしたか?

Paypayの連動が出来るようになったのはもちろん、受注管理、在庫連携ができるようになったので、これまでほとんど手動でやっていたのが「半自動」くらいになったことで自由に使える時間は増えましたね。「半自動」というのはスイーツ販売という特性上、冷凍状態の商品を取り扱いしなければならず、自社から約8割の商品を出荷しているためです。今後冷凍対応の倉庫が見つかれば、「全自動」にできるのではないかと現在準備しています。

さらに、ネクストエンジンさんはサポートがかなり手厚いのが助かっています!

サポートが手厚いというのはどのような部分で実感されていますか?

一番助けて頂いたのは初期設定のときでしたね。自分には難しかったので教えて頂きたくてサポートに問い合わせをしたのですが、最初に「この設定内容だと1か月かかりますよ」って言われて驚きました(笑)。ただ、最初からそう言ってもらえたので心の準備と予定を組むことが出来ました。

その後も、「まずこれをやりましょう」「次にこれをやりましょう」と順を追って丁寧に教えてもらえたので無事終えることができました。なので、今でもわからないことがあるとすぐに聞いてしまうのですが、サポートの方はいつも迅速にメールで答えてくれるのが助かりますね。

最近では、商品コードを作成しなければならない場面で、Amazonと楽天でそれぞれ異なるコードをつくるやり方が難しかったので問い合わせをしました。その時、ネクストエンジンのシステム上の話だけでなく、楽天やAmazonなどそれぞれのモールでの設定の仕方や使い方なども教えてくださったのはありがたかったです。

普通なら「Amazonや楽天にご自分で聞いてください」なんて言われるのかと思っていましたけど、各モールの操作に関する知識もとても豊富で、それぞれ丁寧に教えてくださるのは忙しい中でとても心強い味方です。

ネクストエンジン導入後、「半自動」にすることでできた時間は何をされていますか?

伝票を手書きで書く必要がなくなったので、受注の処理に導入前は丸一日かかっていたのが今では半日くらいで終わります。その分、商品ページを作ったり、バナーを作ってみたりといったモール運営に関わる様々なことに時間を割くことが出来るようになりました。さらに、時間が取れるようになったことで、リアル店舗のスイーツを食べ歩きができ、そこでヒントを得てできたのが 『太っちょマカロン』・『カタラーナ』なんです。これらの新商品は受注処理に追われていたら余裕がなくて生まれなかったかもしれませんね。そうしてより多くの注文を受けることができるようになったので、売上は導入前の2倍にまで伸ばすことができました。

今後はどのように事業を展開していきたいですか? 

現時点では冷凍対応の倉庫が見つけられていないこともあり、運用を「全自動」にはできていません。なので、今後は「全自動」を目指しつつ、実現したらもっと商品開発に力を入れていきたいと思っています。さらに、出店モールを増やすことでお客様と接する機会を増やすことが出来ればいいなと思います。「全自動」にすることができればあとはより良い商品を作るだけですから。もっと効率をあげて、売上は今のさらに3倍を目指したいと考えています!

取材を終えて

現在は「半自動」のわらいみらい様。今後は冷凍対応の倉庫との取引を実現させ、「全自動」を目指して動きをさらに加速させると力強く語って頂きました。売上3倍と効率化が実現し、さらに魅力的な新商品と出会える日が楽しみですね!

※本記事の内容は2020年7月27日時点のものです。

導入に向けてご相談されたい方
オンライン商談受付中
オンラインセミナー開催中
オンラインセミナー開催中
早く申し込むほどお得!NE創業祭
7月中のご契約で72日間無料!!