ネクストエンジン x 「SHIPPInno(シッピーノ)」出荷管理業務の作業人員コストが実質ゼロに!

mainL_img01

FBAマルチチャネルサービス、ネクストエンジン、自動出荷ツールで
業務改革を確信!

全ての発送業務を、FBAマルチチャネルサービス・自動出荷運用に切り替えられた背景についてお聞かせください。

楽天市場をはじめ、DeNAショッピング、MakeShopなど、多モール展開しているなかで、受注業務や発送業務の管理工数が膨れ上がっていたことが背景にあります。
1日に数百件の受注・発送管理業務が発生するなかで、基幹システムへの取り込みから出荷指示作業、ピッキング・梱包作業など膨大な作業ボリュームが発生していました。
受注管理業務・発送業務に対して10人近くの人員が専属の業務として行う必要がありました。
そういったなか、FBAマルチチャネルサービスを利用した、ネクストエンジン x「SHIPPInno(シッピーノ)」の存在を知り、これらを導入すれば現状の業務を大きく改革できると確信し導入を決断しました。

自動出荷システムの導入前と導入後ではどのような違いがありますか?

1日数百件の注文を処理するため、受注管理業務には2名のスタッフが、出荷管理業務には7人のスタッフがまる1日作業していました。
しかしシステム導入後は、受注管理業務はパートタイマーのスタッフ1名が1日5時間程度の作業で、出荷管理業務に関しては、作業人員コストが実質ゼロになりました。
FBAマルチチャネルサービスを利用することで、1出荷単体の送料コストだけで見ると割高になった部分もありますが、7~8人のスタッフが1か月まるまる作業に従事する人員コストが削減できたことを考慮すれば、全体コストは大幅に削減されました。その結果、社内組織も大きく変化することが出来ました。
具体的には今までは3人だった通販事業部が、他の部門も巻き込んだ11人の体制となり、より戦略的な仕事に注力できる組織へとなりました。
今回の導入を経て、日々の業務を遂行する体制から、事業を成長させる為の体制に変化する事ができたと思います。新体制では海外への事業展開など、新しいチャレンジがどんどん進んでいます。

今後間違いなく標準となる仕組み

他のEC事業様や、ネクストエンジン x 「SHIPPInno(シッピーノ)」へのメッセージなどありましたら是非お願いします。

正直、同業他社が同じプラットフォームを手に入れることを考えると怖いですよ。
しかし、FBAマルチチャネルサービスや、ネクストエンジン x 「SHIPPInno(シッピーノ)」のような効率的なシステムは、今後間違いなく標準となる仕組みだと思いますので、業界の先駆けとして今回の導入に成功できたのはうれしく思います。
既存の社内体制を大きく変えることは大変で、課題も色々と出てきますが、誰かが社内で先陣を切ってやるべき非常に重要なことだと思います。
今後は海外展開も含め、海外のFBAマルチチャネルサービスとの連携など、大きな市場でのプラットフォーム化で色々と連携できると面白いと思います。

企業紹介

MARSHAL株式会社

 - MARSHALダイレクト(http://www.rakuten.co.jp/marshal/

Hamee株式会社

 - ネクストエンジン(http://next-engine.net/

株式会社Webの匠

 - SHIPPInno(シッピーノ)(https://base.next-engine.org/apps/491/detail/

ネクストエンジンに関する資料はこちら

今すぐアプリを申し込む(ネクストエンジン申込み後)

メイン機能を30日間無料でお試しできます

CONTACT US

お問合せ時間及び営業日

平日10:30-17:30 / 
定休日 土・日・祝祭日
営業カレンダー