ネットショップを運営していると度々登場するCSVファイル
エクセルでそのまま開いて編集、保存すると文字化けしたり先頭についた0の数字が消えてしまいます。
本記事では、文字化けさせずにCSVをエクセルで編集する方法をご紹介します。

  

エクセルでCSVファイルを開く

エクセルを起動する

エクセルを開きます。本記事ではMicrosoft Excel 2010で操作方法をご紹介します。

CSVファイルを開く

エクセルのメニュー内にある「データ」から「テキストファイル」を選択します。

「テキストファイルのインポート」と言う画面が表示されるので、エクセルで開くCSVファイルを選択し、「インポート」をクリック。(ファイル形式は「テキストファイル」です。)

「テキストファイルウィザード」と言う画面が表示されます。元のデータ形式の「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」にチェックをいれ、次へ。

区切り文字の「カンマ」のみにチェック。「タブ」が最初選択されていますが、これは外します。
データのプレビューで確認すると、ちゃんと項目ごとにCSVデータが区切られています。「次へ」を押します。

列のデータ形式は「文字列を選択します。
そしてデータのプレビュー内にある項目をすべて選択します。スライダで右まで移動し、右端の項目をShiftキーを押しながらクリックする事で、全選択が可能です。「完了」を押します。

「データの取り込み」と言うウィンドウが開きます。既存のワークシートにチェックが入っており、かつその下の数式が「=$A$1」であれば「OK」を押します。
※「=$A$1」の数式が入っている場合、その場所からデータが始まってしまうため、「=$A$1」に変更してください。

CSVファイルをエクセルで開く事ができました。

  

エクセルでCSVファイルを編集する

上記方法でCSVファイルを開いたら、エクセルの通常の操作で編集します。

  

CSVファイルの保存

エクセルでCSVファイルを保存する場合、ファイルの種類を「CSV(カンマ区切り)」形式で保存してください。
この方法で保存したCSVファイルを改めてエクセルで開く場合、ダブルクリックで開くのではなく、再度こちら の手順に沿って、開く必要があります。

  

余った時間を商品企画や販促に使って
”売上げUP!”を狙いましょう。

資料のダウンロード

ネクストエンジンに関する、より詳しい資料をPDF形式でダウンロードできます。

資料ダウンロード

無料オンラインセミナー

オンラインで実際の画面をご覧いただきながら、ネクストエンジンについてご説明します。

詳しくはこちら

いつでもお会いします

「会って話がしたい」。
お電話やメール以外でのご相談も、私たちはいつでもお待ちしています。

会って話してみる

お気軽にお問い合わせください

お問合せ時間及び営業日

平日10:30-17:30 / 
定休日 土・日・祝祭日
営業カレンダー