本利用規約(以下、「本規約」という)は、Hamee(ハミィ)株式会社(以下、「当社」という。)がアプリケーション・サービス・プロバイダとして、
    利用者が出店しているインターネット上のショッピングモール店舗等の運営をサポートするサービス「Next-Engine」(以下、「ネクストエンジン」
    という。)を、当社が利用者に無料体験として提供する(以下、「本件サービス」という。)に際してその諸条件を定めたものである。
第1条 本件サービスの目的
本件サービスは、利用者と当社がネクストエンジンの利用について正式な利用契約を締結する(以下、「本契約」という。)以前に、当社が、利用者に
対して、本件サービスを一定期間無料で提供することで、利用者がそのサービス内容を体験し、理解することを目的とするものである。
第2条 本件サービス利用の申込
利用者は、予め本規約の内容を承諾の上当社所定の手続に従い、本件サービスの申込みをするものとする。
第3条 本件サービス利用の条件
利用者は前条の申込みの日から30日間(以下、「本件サービス利用期間」という。)本件サービスを無料で利用することができる。
  1. 2 当社は、本件サービスとして、当社が利用者に対して本契約に基づき提供するネクストエンジンと同内容のサービスを提供する。
  2. 3 当社は、利用者に対して、本件サービス利用期間、本件サービスについて、本契約と同等のサポート体制を提供する。
  3. 4 本件サービス利用期間満了後本契約締結に至らない場合、当社は、本件サービスから他のサービスへのデータの移動等、本件サービス終了に伴い利用者に必要となった作業等のサポートを行わない。
第4条 保証および責任範囲の制限
本件サービスの利用に関するあらゆる責任は利用者にあるものとする。
  1. 2 当社は、本件サービス利用期間中、利用者の利用目的への適合性も含め、本件サービスの品質等の一切について何らの保証をしない。
  2. 3 当社は、本件サービスの利用又は利用できないことに関連したいかなる事故、不利益、その他一切の損害に対して、何らの責任も負わない。
  3. 4 当社は、本件サービス利用期間満了後本契約締結に至らなかった場合、本件サービス利用終了に伴い利用者に生じた不利益、その他一切の損害に対して何らの責任を負わない。
第5条 禁止事項
本件サービスの利用者は、以下の行為をすることができない。
① 当社または第三者の著作権、肖像権、営業秘密、財産、プライバシーその他の権利を侵す行為、または侵す恐れのある行為
② 利用者以外の第三者になりすまして本件サービスを利用する行為
③ 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為またはそのおそれのある行為
④ 本件サービスの利用または運営を妨げるような行為もしくはそのおそれのある行為
⑤ 当社または第三者に迷惑、不利益もしくは損害を与える行為またはそのおそれのある行為
⑥ 本件サービスにより得られた情報もしくは当サービスで利用できる情報を改ざんする行為
⑦ 法令に違反する行為またはそのおそれのある行為
⑧ その他、当社が不適切であると判断する行為
  1. 2 利用者は、第三者に対して、本件サービス利用期間満了後2年間、本件サービスを利用することにより知り得たネクストエンジンに関する情報を利用して、ネクストエンジンと同一乃至類似のサービスを提供することができない。
第6条(本件サービスの利用中止)
利用者が、本規約の定めの一にも違反した場合、当社は、何らの催告を要さず、利用者に対する本件サービスの提供を中止することができる。
  1. 2 前項の措置により利用者が損害を被ったとしても、当社は損害賠償の責任を負わない。
第7条(守秘義務)
利用者及び当社は、本件サービス利用期間中又は終了後に関わらず、本件サービス利用に関連して知り得た情報、その他相手方の機密に属すべき一切の事項を第三者に漏洩・開示・提供してはならない。
但し、予め相手方の書面による承諾を得た場合には、この限りではない。
  1. 2 当社は、当社が第三者に業務の一部又は全部を委託する場合、委託先に対して、委託のために必要な範囲で、利用者から事前の書面による承諾を受けることなく前項の情報等を開示することができる。
第8条(秘密情報の取り扱い)
利用者及び当社は、本件サービス遂行のため相手方より提供を受けた技術上又は営業上その他業務上の情報のうち、相手方が特に秘密である旨あらかじめ書面で指定した情報で、提供の際に秘密情報の範囲を特定し、秘密情報である旨の表示を明記した情報(以下「秘密情報」という。)を第三者に開示又は漏洩しない。
ただし、相手方から予め書面による承諾を受けた場合及び次の各号のいずれかに該当する情報についてはこの限りではない。
(1)秘密保持義務を負うことなく既に保有している情報
(2)秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報
(3)相手方から提供を受けた情報によらず、独自に開発した情報
(4)本規約等に違反することなく、かつ、受領の前後を問わず公知となった情報
(5)本条に従った指定、範囲の特定や秘密情報である旨の表示がなされず提供された情報
  1. 2 前項の定めにかかわらず、別紙において定める秘密情報については、前項に定める秘密である旨の指定、範囲の特定、表示がなされたものとみなす。
  2. 3 前1項及び前項の定めにかかわらず、利用者及び当社は、秘密情報のうち法令の定めに基づき又は権限ある官公署からの要求により開示すべき情報を、当該法令の定めに基づく開示先又は当該官公署に対し開示することができる。
    但し、この場合、利用者及び当社は、関連法令に反しない限り、当該開示前に開示する旨を相手方に通知するものとし、開示前に通知を行うことができない場合は開示後すみやかにこれを行うものとする。
  3. 4 秘密情報の提供を受けた当事者は、当該秘密情報の管理に必要な措置を講ずる。
  4. 5 秘密情報の提供を受けた当事者は、相手方より提供を受けた秘密情報を本件サービス遂行目的の範囲内でのみ使用し、本件サービス遂行上必要な範囲内で秘密情報を記載した資料等(以下本条において「資料等」という。)を複製又は改変(以下本項においてあわせて「複製等」という。)することができるものとし、当該複製等された秘密情報についても、本条に定める秘密情報として取り扱う。
    但し、本件サービス遂行上必要な範囲を超える複製等が必要な場合は、あらかじめ相手方から書面による承諾を受けるものとする。
  5. 6 当社が第三者に業務の一部又は全部を委託する場合、前1項乃至前5項までの規定に関わらず、当社が必要と認めた場合には、委託先に対して、委託のために必要な範囲で、利用者から事前の書面による承諾を受けることなく秘密情報を開示することができる。
    但し、この場合、当社は、当該委託先(以下「委託先」という。)に対し、第7条(守秘義務)、本条及び第9条(個人情報の取り扱い)所定の義務と同等の義務を負わせるものとする。
  6. 7 秘密情報の提供を受けた当事者は、相手方の要請があったときは資料等(前5項に基づき相手方の承諾を得て複製、改変した秘密情報を含む。)を相手方に返還し、秘密情報が利用者設備又は本件サービス用設備に蓄積されている場合はこれを完全に消去する。
  7. 8 本条の規定は、本件サービスの利用終了後も存続するものとする。
第9条(個人情報の取り扱い)
利用者及び当社は、本件サービス遂行のため相手方より提供を受けた営業上その他業務上の情報に含まれる個人情報(個人情報の保護に関する法律に定める「個人情報」をいう。)を本件サービス遂行目的の範囲内でのみ使用し、第三者に開示又は漏洩せず、個人情報に関して個人情報の保護に関する法律を含め関連法令を遵守する。
  1. 2 個人情報の取り扱いについては、前条(秘密情報の取り扱い)4項乃至第7項の規定を準用する。
  2. 3 本条の規定は、本件サービスの利用終了後も有効に存続する。
第10条(ソフトウェアの著作権等)
利用者に提供されるソフトウェア及びその他の各種情報(以下、「ソフトウェア等」 という。)については、その著作権、ノウハウ等の知的財産権のすべてを当社または当社にソフトウェア等の利用を許諾した第三者が所有する。
  1. 2 利用者は、ソフトウェア等を本件サービス利用の目的にのみ利用することができ、これ以外の目的での利用することができない。
第11条 規約の範囲と変更
当社は、当社所定の方法によりいつでも何らの催告を要することなく本規約の内容を変更することができるものとする。
  1. 2 前項の場合、利用者に対して変更後の最新の規約が適用されるものとする。

以上