2010
06/30

キャンセル処理について その2

こんにちは、サポートチームの浦です。

全回に引き続き、キャンセルについてのお話です。

出荷確定前のキャンセルについてお話したので、
今回は【出荷確定済み】のキャンセルについて説明します。

【出荷確定済みのキャンセルについて】

出荷確定済みになっている伝票については、そのままキャンセルしても処理されません。
(Next-Engine内で【完了】している伝票という扱いなので、商品の引当や、引戻処理が動かないのです。)

出荷確定前の状態であれば、キャンセルをすれば自動的に在庫に数量が戻るのですが、
出荷確定の状態でキャンセルにしても、もう在庫は戻りません。

じゃあ、どうすればいいのか・・というと。

出荷確定済み限定の処理を行っていただきます。
(2つの方法があります)

「出荷確定戻し処理」・・・出荷確定前の状態に戻す処理

「売上返品処理」・・・出荷確定してしまった商品を在庫に戻す処理

例えば、出荷直前にお客様から商品の変更依頼があった場合。
Next-Engineでは「出荷確定済み」にしてしまったけど、
お荷物はまだ配送業者に渡してなくて、手元にあるとします。
この場合は、Next-Engineの伝票を修正すればいいだけですよね。

そんなときは「出荷確定戻し処理」を行って、出荷前の状態に戻してしまいましょう。

伝票を開く>メニュー>伝票操作>出荷確定戻し処理>納品書印刷待ち まで戻します。

処理を行うことで、納品書印刷待ちまで戻ります。
そうしたら受注内容を修正してください。
(いらないものはキャンセルしたり、商品の追加をしたり・・)
そして伝票の更新をしていただきます。

後は、通常の流れと同じです。
(納品書印刷をして、ピッキングをして・・・出荷確定処理。という流れですね)

長くなってしまいました、
また、次回続きをお話します。